桜井大三郎単語

サクライダイザブロウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

桜井大三郎とは、幕末の幕臣、京都見廻組並。

坂本龍馬暗殺実行犯の一人とされる。

概要

保8年(1837年)に生まれる。経歴については不明な部分が多い。

元治元年(1864年)7月、御留守居番同心から京都見廻組に編入。

京都見廻組肝煎・今井信郎の供述によると、慶応3年(1867年)11月15日京都見廻組与頭・佐々木只三郎の招集を受け、醤油商の近江屋に向かい、同行した渡辺吉太郎桂早之助高橋安次郎が2階に乗り込み坂本龍馬中岡慎太郎両名を殺桜井は階下で今井土肥仲蔵と共に見りを務めたとされる。

慶応4年(1868年)1月鳥羽伏見の戦いにて負傷し、佐々木紀伊由良に落ち延びる。由良に停泊した旧幕府軍艦富士山丸に治療のため乗船したが、11~12日頃に死亡享年33。

桜井は終始佐々木と行動しているため、佐々木の側近ではないかとする説がある。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/23(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/23(水) 06:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP