渡辺篤 単語

2件

ワタナベアツシ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

渡辺篤とは、幕末の幕臣、京都見廻組肝煎。

坂本龍馬暗殺実行犯の一人とされる。自称坂本龍馬った男」。

今井信郎言に登場する渡辺吉太郎とは別人。

概要

渡部一郎(黒鉄ヒロシ風)

保14年12月18日1844年2月6日)、京都二条御門番組与渡辺時之進の長男に生まれる。旧名一郎。

安政4年(1857年)、所御門番組見習に任じられ、円明流及び西岡是心流の剣術を学ぶ。

文久2年(1862年)、18歳西岡是心流免許を得る。

元治元年(1864年)、二条にて上覧剣術試合が行われ、これに出場。将軍徳川家茂から白銀5枚を下賜されている。同年9月2日京都文武場剣術南となる。

慶応3年(1867年)2月、見組に編入され、4月に肝煎介、8月に肝煎に昇進する。

11月15日京都見廻組与頭・佐々木只三郎の招集を受け、醤油商の近江屋に赴き、坂本龍馬暗殺に関与。事件直後、恩賞として15人扶持を賜ったと後年自ら言した。

慶応4年(1868年)1月鳥羽伏見の戦いに敗れた後、江戸に逃亡。

その後京都に戻り、篤と名。奈良県機関に出仕し、京都剣術場を開く。

大正4年(1915年)に死去。享年73(満71歳)。

現存する渡辺写真では、を必ず他ので握りしめている。これはられてが握れなくなることがないようにするための客の知恵だと言われる。

証言について

渡辺は死の床で身内に対し、坂本龍馬を暗殺したのは自分であると告白して死んだと『大坂朝日新聞』が報道した。その詳細な内容は明治44年(1912年)8月19日付の『渡辺由緒代系図履書』と題された文書に記載されている。内容は以下の通り。

上記が渡辺言の概要となる。今井言と異なる部分が多く、世良敏郎なる人物の存在も確認できていなかったため売名行為と疑われていたが、世良の存在については近年確認され、当時京都見廻組に所属していたことが分かった。

今井渡辺や世良については死ぬまで何もらなかったため、今井がもう一人いると言った人物が渡辺だったのか、いは世良だったのか、もしくは渡辺言自体がに過ぎないのか分かっていないが、渡辺言を元に今井渡辺の2人を暗殺実行犯とする研究者もいる。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
VOCALOID[単語]

提供: わんころ助

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP