今井信郎 単語

3件

イマイノブオ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

今井信郎とは、幕末の幕臣、京都見廻組肝煎である。

坂本龍馬暗殺実行犯の一人とされる。自称坂本龍馬った男」。

概要

今井信郎(黒鉄ヒロシ風)

保12年(1841年)、江戸湯島天神下にて、旗本今井五郎長男に生まれる。諱は為忠。幼名は信之

嘉永3年(1850年)、10歳で幕府御中間に召される。

安政4年(1857年)、御用方書物調役に任じられる。

直心流の榊原健一を習い、万延元年(1860年)、20歳で免許皆伝。幕府講武所の取締になる。

文久3年(1863年)、神奈川奉行支配定番役取締に任じられる。他、二ノ丸火之番、岩屋(代官所)剣術教授を歴任する。

慶応3年(1867年)、京都見廻組に編入され10月京都に赴任。

11月15日京都見廻組与頭・佐々木只三郎の招集を受け、醤油商の近江屋に赴き、坂本龍馬暗殺に関与。

慶応4年(1868年)1月鳥羽伏見の戦いに敗れた後、江戸に逃亡。

その後古屋佐久衛門と共に関東以北を転戦し、衝鋒隊と称して大鳥圭介と合流。更に榎本武揚の旧幕府艦隊に合流して夷に流れる。

明治2年(1869年)5月戦争にて降

東京に護送後、坂本龍馬暗殺事件について尋問を受け、寺田屋事件における発殺傷を理由として、見組与頭・佐々木只三郎により自分を含めた計7人が坂本を襲撃、殺したと自供した。但し、殺を実行したのは7人のうち渡辺吉太郎高橋安次郎桂早之助の3人で、自分は階下で見りをしていただけで手を下してはいないとした。これにより明治3年(1870年)9月、禁固刑に処せられる。

明治5年(1872年)1月戦争の投降者達に恩赦が下り、今井も禁固刑を解かれた。その後静岡県に出仕。八丈島へ巡視に向かい、学校校長を勤める。

明治11年(1878年)頃、静岡の牧之原に入植。会議員、長などを務め、明治42年(1909年)に隠居。

大正7年(1918年)に死去。享年78。

証言について

坂本龍馬暗殺事件に関し、明治3年の供述では自分は直接手を下していないとした今井だったが、事件から30年以上たった明治33年(1900年)、結城礼一郎という人物のめに応じて事件についての聞き書きが行われ、『甲斐新聞』や雑誌『近畿評論』にてその内容が掲載された。その中で今井は「渡辺、自分ともう一人で殺した」と供述を翻す言をした。これが元土佐士のに知られ、売名行為と罵って反論した。

明治42年(1909年)2月今井は『大坂時事通信』にて再度インタビューに答え、今度は「佐々木、自分、渡辺で実行した」と話した。

これらの矛盾点については、今井存命当時に生存していた実行犯をうために言をしていたのではないかとされる。それを裏付けるかのようにインタビュー中「もう一人」というのがかと問われ、「まだ生きている人で、申し上げることは出来ない」と答えている。

これに関連し、大正4年(1915年)、渡辺篤なる人物が死去する直前に「自分が坂本龍馬を殺した」と身内にった事が『大坂朝日新聞』で報道された。この渡辺今井が刺客の一人と言った渡辺吉太郎とは別人だが、慶応3年当時に京都見廻組に所属していたことが確認されている。この人物が「もう一人」ではないかとされているが相は不明。

刺客の人数が明治3年の供述とべ、後年の言で減っていることについては、今井が刺客と名しした人物は、鳥羽伏見の戦いで今井以外全員戦死していることから、自分と生き残りの刺客を守るため戦死者をダミーとして利用したのではないかといわれる。

なお今井の口伝として、西郷隆盛今井の助命嘆願をしたというものが巷間伝わるが、全く裏付けや拠のい伝聞推定に過ぎない。

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/24(水) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP