今注目のニュース
赤ちゃんの誕生を喜ぶチンパンジーのお母さんの取った行動が尊いと話題に!
佳境の中「ギヴン」超絶急上昇! 海外BL勢が押し寄せる2019年夏アニメ注目度ランキング第10~11週目
eスポーツ大会、優勝賞金500万円が10万円に JeSUに批判が集中した「賞金490万円減額問題」の争点を解説

森安秀光単語

モリヤスヒデミツ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

森安秀光(もりやすひでみつ)とは、昭和後期から平成初期まで活躍を遂げた将棋棋士である。岡山県出身。棋士番号99。現在は故人。40代をえても順位戦で第一線(B1級でA級昇格レースにいた)にいたにもかかわらず、受験勉強を繞って親子喧となり、口論の挙句に長男からのに倒れ、非業の最期を遂げた。享年44。この事件は棋界だけでなく、かなり世間も騒がせた。

こうして棋界は、振り飛車党の重な人材を失ってしまったのだが、幸い四間飛小林健二杉本昌隆、そして藤井猛の活躍を待つことになる。

タイトル棋聖1期。故人になる以前から九段位を取得していた。尚、安正幸も将棋棋士だったが、ほど立った活躍はしていない。

概要

18歳プロ入りし、28歳A級になるなど、森けい二桐山清澄らと共に振り飛車党の強として棋界に君臨した。中でも大山康晴が陰りを見せ始めたころ、四間飛の後継者として頭を現し、世に知られるようになる。棋大山に似たり強く、重い、守り重視の代物であり、棋界一のコピーライター原田泰夫九段は彼をだるまと名付けている。氏の四間飛はけっこう右四間の筋からも攻めることが多いのが特徴。

また、入玉の名手でもあった。特に田中寅彦によって居飛車穴熊が流行すると、それを破る手段として相手の囲いを崩さぬまま入玉して戦意を喪失させており、屈辱的な姿焼き(穴熊で全く囲いが崩されないまま投了させられること)を味わわせていたなど、意外とドSな部分もあったようだ。当時ニコ生があったらなら、彼の名は入玉の代名詞になったのかも知れない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/03/26(月) 12:55:46 ID: 5Eopsdl6cd

    12歳息子に殺されるって悲惨すぎる

  • 2ななしのよっしん

    2019/05/08(水) 23:21:09 ID: o+4Bgl/UJ0

    理論食らって名人挑戦プレーオフ逃した時のエピソードを見るに、子供っぽい所があった人なのかなと。
    調子戻してきたところで子供との衝突、推測ではあるが酷な言い方で責めたんじゃなかろうか。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP