死の商人単語

シノショウニンマーチャントオブデス

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

世界にいま流通しているの数は5億5千万丁を上回る。
つまりざっと12人に1人はを持ってるわけだ
あとの11人は……どうやって武装させる?

ユーリ・オルロフ
映画ロードオブ・ウォー』

死の商人(Merchant of Death)とは、武器商人に対する蔑称である。

概要

一般的には、「武器を販売し利益を得る者たち」全般を総称した言葉である。この言葉の由来は1934年に発表された調報道書のタイトル「Merchant of Death」から。元は第一次世界大戦けた軍事産業と融業界に使われた蔑称だったが、反戦活動家たちの間で使われるようになったことで一般に広がったとされる。

ただ、「死の商人」という言葉の定義以前から同様のことを行っていると認知されている人物はいる。ダイナマイトの開発者である1800年代の人物ノーベルなどもダイナマイトの存在によって戦争化したことから「死の商人」として扱われた(本人はけっこうこの評価を気にしており、後にノーベル賞を作ったとか)。

また、敵味方関係なく販売したり、販売することで巨万の富を得たりするような行為をすため、特定の条件(社会国家への貢献など)によってこの扱いが外れるという事になるわけでもない。『アイアンマン』のトニー・スタークなども自分のであるアメリカ軍兵器を納入し防衛強化に貢献しているが、同様に死の商人と呼ばれている。

ここから転じてゲームなどでも、利益のために他勢を潰し合わせてそれにつけこんで兵器具などを売るプレイヤー、あるいは武器防具などの差額などを利用して売買し利益を出すプレイヤーなどに動画タグとして使われることがある。

関連動画

ゲームプレイ動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2022/06/23(木) 04:06:58 ID: k7FKO1YcoH

    もはや今では兵器開発自体にコスト馬鹿高くつく上に、戦争も前ほどかるわけじゃないからだいたい民需品に移行してるという
    眼には見えないけど、なんだかんだ少しずつ世の中は平和に向かってるんだろうか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/04(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/04(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP