足袋単語

タビ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

足袋とは、日本の伝統的な履き物である。

概要

着物など和服を着るときに使用する。日本の伝統的な履き物(下駄履)はと人差しの間に鼻緒を挟むため、先が用と人差し用で別れている。

普段履いている靴下ゴムにより脱げにくくなっているが(脱げないとは言ってない)足袋は留め具により脱げないようにしている。

初期は足首部分についた紐で固定していたが、現在は小鉤という具にを掛け糸に引っ掛けることで固定するもの(いわゆるホック式)が多い。マジックテープ式やファスナー式も存在する。

地下足袋

足袋は靴下としての使用を想定しているが、地下足袋は履き物として使用する。底がゴムになっている。

名前の由来は定かではないが、炭坑夫が使っていたからという説がある。

発祥は江戸時代といわれ、当時は厚手の布を使用していた。現在の形になったのは明治になってからである。

地下足袋は地面の感覚をつかみやすく踏んりも利きやすいため、農業大工職などでよく使われる。また、祭などでも使われることが多い。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/04(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/04(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP