今注目のニュース
はじめしゃちょー、同じ人から毎日届く手紙に動揺 「まるでツイッター…」
【神対応】車通りの激しい通りでお婆さんの家から脱走し、呼んでも戻ってこない子犬。しかし偶然居合わせたライダーのナイス対応で無事捕獲!
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由

金子修介単語

カネコシュウスケ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

金子修介とは、(SFものに強い)映画監督である。

概要

1955年6月8日生まれ、東京都渋谷区出身

東京学芸大学卒業後、日活に入社。初期はロマンポルノ制作を手がけていた。
ほぼ同時期に、大学先輩にあたる押井守監督していた『うる星やつら』の脚本も手がけている。

その後、ロマンポルノでの監督独立などを経て、1990年代になると東宝での作品発表が増えていく。
1995年から監督を務めた平成ガメラ(氏の名前を取って金子ガメラ[1]とも呼ばれる)三部作では、星雲賞日本SF大賞を受賞するなど、幼少期から親しんでいた怪獣映画ヒットさせる。その後、2001年には『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』でも監督に就き、当記事初版2012年現在で、日本の2大怪獣映画シリーズ両方で監督を経験した一の人物となる。
また、2005年からは『ウルトラマンマックス』にてパイロット編の監督を務めた他、多くの怪獣ファン妄想してやまない「ゴジラvsガメラ」を子ども人形遊びで具現化させる荒業もやってのけた。本放送前には関係各者から許可こそ得ていたが、さすがにビデオ化にあたってはカットされた。

一方でアイドルにも造詣が深く、佐伯日菜子(毎日夏休み)、矢田亜希子(クロスファイア)、優香に唄えば)らの初映画でも監督を務めていたりする。

関連動画

関連商品


ちなみに

ガメラ三部作はニコ動で有料配信も行ってます。

関連項目

脚注

  1. *2006年田崎監督による『小さき勇者たち』が開されてから使われ始めた分類法。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP