今注目のニュース
よゐこ濱口、48歳になった有野を祝福 ローソク消す姿にファンほっこり
夏菜“ドヤ顔”で四千頭身を挑発
カプセルトイ「自己主張バッジ」が登場!“推し事”現場で使いたくなる「ガチ勢」「限界オタク」など全12種

鈴子・ジェラード単語

リンコジェラード

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

鈴子・ジェラードとは、漫画うえきの法則シリーズの登場人物の一人である。

CV:能登麻美子
プラス版では、僅かながら登場。

概要

無印うえきの法則の中盤から登場。本編人間界にある財閥の一つ・ジェラード財団の関係者。
 卓抜な頭や財団の手腕などを、私利私欲だけではなく行き過ぎた言動が立つ者の暴虐阻止や、仲間の援助などのために駆使する、優しさと勇敢さを持つ少女。ただ、下記の過去によるストレス故か、ややまじめで悩みを抱え込みがちなところがあるからか、ある単にすると言動が変することも。

 ロベルト・ハイドンと同様、民度に少々問題のある地で生活していた時期があったためか、財団の知名度の高さのためか、バトル開始前までは、周囲の同年代の人々からづる扱いされ、精がすり減るような生活を送っていた。腹黒い打算込みではあるが、自分の置かれた環境や心の傷にある程度理解を示したロベルトが介入してからは、一応立ち直ったものの、今度は十団の自称(?)参謀による自分本位な言動などに振り回されたようで、植木が十団と介入して間もない頃は冷淡な態度をとることも少なくなかった。
(ちなみに、上記の自称参謀が子たちに行った、ある問題については、子もロベルト植木達に話す必要性がないと思ったのか、本編の尺の都合で省かれたのか、プラス版が進行するまで明かされなかった。)

 しかし、十団メンバーのうちの一人が、脱退を余儀なくされた人物たちをも巻き込んだ行に走ったことや、それを見かねて自分の的より救助活動を優先しようとした植木の行動を見て、心が変化。以降は、植木達に積極的に協するようになった。
   (尚、上記の危うさ変要素は、プラス版では特に見られなくなり、落ち着いた日々を過ごしている。)

能力

自分で触れたビーズであれば、単数でも複数でも爆弾に変化させ、攻撃などに使用できる
 このによる爆弾は、距離次第では自分も爆発の余波を受けてしまうため、単独での防御や近距離攻撃を行うのには向いていないが、他の者との連携や下準備次第で補うことが可
植木佐野以上に限定条件が緩く、妨されにくいという利点もある。

 もっとも、上記の変要素ゆえか、人間関係などによるストレスゆえか、財団の資などを補助に活かす前は伸び悩んでいた時期もあった。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP