DC-10単語

ディーシーテン

1.5千文字の記事
掲示板をみる(91)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マクドネル・ダグラスDC-10McDonnell Douglas DC-10)とは、アメリカ合衆国マクドネル・ダグラスが開発したワイドボディ・ジェット旅客機である。

概要

マクドネル・ダグラスDC-10
McDonnell Douglas DC-10
JAS DC-10
用途 民間旅客機 / 民間貨物機
分類 ワイドボディ・ジェット旅客機
製造者 マクドネル・ダグラス
総生産数 446機
初飛行 1970年7月29日 (DC-10-10)

マクドネル・ダグラスが開発・製造したワイドボディ3発式ジェット旅客機/貨物機。同社製としては初のワイドボディ機である。エンジンは左右下に1基ずつ、垂直尾翼基部に1基を搭載している。

1966年アメリカ航空ダグラスエアクラフトに大双発式ジェット旅客機を要。当初はゼネラル・エレクトリックTF39ターボファンエンジンの双発式とする予定であったが開発中で間に合っていなかった。最終的にTF39の民間であるゼネラル・エレクトリックCF6の3発式とする事で両社は合意し、ダグラスエアクラフトはDC-10開発に着手した。1967年マクドネルエアクラフトと合併しマクドネル・ダグラスとなった後も形式名称はDCダグラスコマーシャル)のままとされた。

1970年7月29日にDC-10-10が初飛行、1972年から世界航空会社で運航を開始。日本でも1976年4月から日本航空JAL)がDC-10-40/-40Dを、1988年4月から日本エアシステムJAS)がDC-10-30ERを運航開始した。
現在アメリカ合衆国のオムニ・エアインターナショナルとフェデックス、ロシアのアエロフロート・ロシア航空で運航が続いている。生産は1988年に終了し、総生産数は446機になる。

軍用としては、DC-10-30Fを空中給油機・輸送機改造したマクドネル・ダグラスKC-10 エクステンダーアメリカ空軍オランダ空軍で運用されている。

後継機は1990年1月10日に初飛行したマクドネル・ダグラスMD-11。この機体の操縦システムをDC-10に移植近代修したMD-10がある。

なおDC-10は開発段階から貨物ドアの設計に問題が有り、それが原因で就航間もないころにあわや墜落という重大事故が発生している(1972年 アメリカ航空96便貨物ドア破損事故)。
しかもその欠陥はこの事故後でも、他社とのしい競争を背景修が怠られており、その結果2年後に同様の原因による事故が再発した。それは当時世界最悪、2016年現在でも世界4位の犠牲者を出す墜落事故1974年 トルコ航空981便墜落事故 死者346名)となっている。

そのため、DC-10は競争のしい航空業界の負の側面を見せた航空機としても、しばしば名前が挙げられる(→またDC-10かも参照のこと)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/01(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/01(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP