銀牙虫さんのページ

  • ユーザID: 13055758
  • 総レス数: 3188 (第339位)
  • 総編集数: 164 (第1585位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20474位)
  • 総新規記事数: 4 (第10242位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1824位)

最近更新した記事

銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) / 銀牙虫(ユーザ) /

 
編集  

銀牙虫ユーザ

遊戯王 デュエルリンクスとは、遊戯王OCGデュエルモンスターズを基に開発された、スマートフォンアプリとして提供されているオンライントレーディングカードゲームである。

概要

遊戯王シリーズに登場したキャラクターアバターとして、スピードデュエルと呼ばれる形式で遊戯王OCGカードデータを用いてのデュエルを行うことが出来るゲームである。開発及び運営コナミデジタルエンタテインメントタッグフォースシリーズさながらのフルボイスによるデュエルに加え、特定キャラクター特定モンスターを召喚した際には専用の口上と3Dアニメーションが入るといった演出がある。

本作はコンピュータ相手にデュエルするモードデュエルワールド」に加え、「オンライン対戦」により他のプレイヤーデュエルすることが可。 様々な制約こそあれど、スマートフォンで見知らぬ相手とデュエルすることができる。また、過去デュエルした相手のデータ練習することや、他者のデュエルを観戦することも可となっている。

2016年4月配信開始予定だったが延期され、日本配信開始はクローズベータテストを経て同年11月17日に行われた。その後、2017年11月17日Yahoo!ゲームでの提供を開始した。よって、現在PCでのプレイも可で、かつスマートフォン版データを引き継ぎできる。デュエルシステムは「デュエルターミナル」のスピードデュエルシステムマスタールール3形式に落とし込んだようなものである。

基本料無料アイテム課金制であり、現ゲーム内でカードブースターパックを購入する際に必要となるが、他のスマホゲー同様ゲームプレイ報酬やログインボーナスによって色の石(ジェム)が貰えるので、ごく一部を除けばカードの購入は課金で十分可(NPCとのデュエルでのドロップ報酬としてのみ貰えるカードも)。購入にジェムが使えないのは2以降のストラクチャデッキ(一部除く)、各プレイアブルキャラクターデッキを任意で増やしたい場合、カードスリーブ及びデュエルフィールドオリジナルデザインを購入する場合(モリンフェンの柄もあるぞ)。そしてプレイアブルキャラクターレベル上げに利用できる消費アイテム等である。

実装されているカードはごく一部を除いてOCG準拠の効果を持ち、ゲーム内のバランスを見ながら追加されている。古い物から実装されることが多いが、中には近年のOCGで登場したカードも追加されることがある(OCGとは環境が違うので思わぬ活躍をすることもある)。

世界観は、海馬コーポレーションが開発し、世界中のデュエリストデュエルが可な仮想間という設定で、サービス開始当初は初代遊☆戯☆王デュエルモンスターズを基にしたデュエルワールド(DMワールド)のみが存在し、登場キャラクターも初代アニメ及び原作に準じた人物のみが登場していたが、2017年9月28日アニメ遊☆戯☆王GXを基にしたデュエルワールド(GXワールド)が実装され、デュエルアカミアを模したワールド遊城十代アカミア生徒やアカミアの実技担当最高責任者こと名物教師クロノス・デ・メディチ人気キャラも登場した。その後、2018年9月25日には初代遊戯王から数十年後の世界を描いたアニメ遊☆戯☆王5D'sを基にしたデュエルワールド(5D'sワールド)が実装ネオ童実野シティを模したワールドにはシグナ―ことチーム5D'sの面々が登場した。この作品から登場したシンクロ召喚とそれに関するカードも同時に実装された。

それぞれ別のワールドという扱いになっているため、ワールド間をキャラクターが移動することはできない(手持ちのカードと消費アイテムは共有)が、各ワールドに設置されたゲートと呼ばれる施設から、ゲートキーという消費アイテムを使うことで別のワールドNPCデュエリストデュエルをすることが出来る。

デュエルリンクスにおけるデュエルのルール(スピードデュエル)

2017年よりOCGでの公式ルールとなっている新マスタールールべた場合、

の違いがある。先攻ドローがいので後攻は若干ハンドアドバンテージに勝るのはマスタールール3以降と同様かつより顕著。

それに加え、各プレイアブルキャラクターにはスキルというがあり、複数ある内の一つを予めセットして使用する。それぞれ発動条件と1デュエル中に使用できる回数が違う(同じスキルを持っているキャラクターも居る)。中にはデッキ外から特定カードを発動及び手札やデッキに追加するという効果を持つものもある。「ミラクル・フュージョン」等現状では強すぎるという理由で一部のNPCしか使えないカードも持ってこれたりする。ちなみにスキルの発動に対してチェーン出来ない(スキルを直接妨するスキルい)。

ゲームの流れ

ゲーム開始時に闇遊戯海馬瀬戸のどちらかを最初のプレイアブルキャラとして選択する。その後、チュートリアル的に二人のデュエルが始まり、勝負がつくとDMワールドから本番開始になる。

初期のデッキ内容は基本的に5D'sワールド以外のほぼ全キャラ共通して、自身がエースカードとするカード1枚と、孔雀舞の様にエースモンスターを召喚するための前提となるカードが用意されている(一部例外)他は攻撃1500にすら満たない弱小な通常モンスターくらいしか入っていない。しかし、ステージレベルの低い序盤は、デュエルワールド内に現れるNPC(スタンダードデュエリスト)も同レベルモンスターしか出してこない(名も決闘者レジェンドデュエリストを除く)。彼らとデュエルし、経験値を獲得してキャラクターレベルを上げるとカードジェムなどのレベルアップ報酬が手に入るので、それらを集めてデッキを強化していきながらステージ毎のミッションを達成し、ステージレベルを上げていくのが基本的な流れになる。

一定のステージレベルに到達等の条件を満たすことでレジェンドデュエリストと呼ばれる遊戯王シリーズの登場人物達が現れ、ワールド内にNPCデュエリストとして登場したり、ゲートからデュエルを挑む事が可になる。更にキャラゲットミッションと呼ばれるお題をクリアすると、そのキャラクタープレイアブル化することが出来る。また、期間限定イベントのノルマ達成によってのみゲット出来るキャラクターも居る。その多くは同様のイベントを何度か開催した後、別の方法によって通常プレイ中にゲット出来るようになった。ただし、その手のキャラクターキャラゲットミッションは、原作での彼らのデュエル描写に沿ったお題が多く、特定カードプレイアブルキャラが必要だったりでかなり面倒。

施設

仮想世界デュエルワールドは、基本的に全てが下記の4つのエリアで構成されている。各エリアオブジェにはタッチするとギミックが作動するものがあり、当たり演出が出ると少量のジェムが貰える。

リミットレギュレーションとスキル調整

デュエルリンクスに登場するカードはほぼ全てOCGとして実在する物であり、あまりに古いカードテキストエラッタされていたりするが、裁定もほぼ同じ(はず)である。しかし、ゲームバランス等の関係から全カードを網羅しているわけではない。データ自体は実装されているが、現在プレイヤーが取得する方法がいので、高レベルNPC専用カードと化している物もある。よって、禁止/制限カードの設定もOCGと異なる上に、ルール上の意味合いが少し違う。スキルの性も調整が必要となれば行われる(過去には上方修正を受けたスキルもある)。その際にはカードの制限もスキル調整も簡単な調整理由が公式に告知される。

これとは別に、ゲーム内で特定の条件を満たした場合のみ1~2枚貰えるカードがいくつか存在し、実質制限を受けているものもある(【LIMIT】定されたカードとの共存は可)。

登場人物(プレイアブルキャラ)

DMワールド

遊☆戯☆王」始まりの地、童実野町を模したワールドある意味常にバトルティ状態。しかしスタンダードデュエリストは当時ほどガラの悪い人たちではない。

GXワールド

デュエリスト養成学校デュエルア・カデミアを模したワールドスタンダードデュエリストにはアカミアの生徒も混じっている。教師は今のところクロノスしか居ない。

5D'sワールド

数十年後の童実野町ネオ童実野シティを模したワールドシンクロ召喚ライディング・デュエル大人気で、スタンダードデュエリストにはD・ホイーラーセキュリティの姿も(ただし、やるのは普通のデュエル)。しかし、シグナ―達のエースカード(シグナ―の)はプレイアブルキャラの全初期デッキに入っていない。代わりにの痣を介してデュエルワールドエースカードを呼び出すスキルの痣:ドラゴン○○○」をそれぞれ取得出来るようになっており、そのスキルセットしてデュエルを開始した場合に、それぞれのエースモンスターエクストラデッキに1枚追加され、更にチューナーモンスターが2枚メインデッキに追加される様になっている(「スターダスト・ドラゴン」のみワールド実装と同時配信されたパックにURで封入されていた。どうやら順次追加されていくパックの玉となっているらしい)。

その他(非プレイアブルキャラ)

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/13055758
ページ番号: 5485942 リビジョン番号: 2641520
初版作成日: 17/05/15 20:57 ◆ 最終更新日: 18/11/13 20:34
編集内容についての説明/コメント: デュエルリンクス更に編集。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

銀牙虫について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 銀牙虫についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス