単語記事: アーリーアクセス

編集

概要

アーリーアクセス(Early access)とは、ソフトウェアやWebサービスのリリース方法の一種である。国内では「早期アクセス」とも表記され呼ばれている。その手法でリリースされた製品は「アーリーアクセス版」「早期アクセス版」ほか形式形態によって「アルファ版」「ベータ版」「テスト版」「リリースカレント版」・・・などとも呼ばれる。近年ではビデオゲームの開発にもよく導入されており、有名な例では「Minecraft」が挙げられる。

※以降この記事ではゲームでの導入例を中心に解説します。

  • 一般的な製品リリースまでのおおまかな流れ
    • 開発 → 内部でのデバッグ・テストプレイ → 正式版リリース
  • アーリーアクセスの場合
    • 開発 → アーリーアクセス版のリリース → ユーザーによるテスト・フィードバック→
    • フィードバックによる修正・開発 → 次期バージョン、正式版のリリース

開発途中のバージョンを公開することで開発資の獲得やユーザーからのフィードバックを得るために行われる。ユーザー側には新しい製品やサービスをより早く確かめること、また自身のアイデアを提供するなどして開発に参加することができるという利点がある。

また、オンラインゲームサービスなどにおいては、クライアントのバグや問題の検証を前提にしたものではなく、正式サービスの開始よりも少し早くログインできる「早期ログイン」や「ベータテスト」などのサービスのことを指して呼ばれることもある。ごく一部の希望者を募って限定的に稼働させる形式を「クローズドベータ」、ほぼ一般的に公開し正式の仕様に近いテスト版を「オープンベータ」と呼ぶ。こちらでのアーリーアクセスとは、予約購入者向けのサービスや他の人よりも少しでも早くスタートしたいというユーザーへの製品オプションも兼ねている。

留意点

当然であるがアーリーアクセス版はいわば未完成の状態であるため、検証されていない未知のバグや問題を抱えていることが多い。完成品になるまでは開発者によって異なるが数年はかかると考えた方が良いだろう。参考として、「Arma3」は半年間、「Wasteland 2」と「Planetary Annihilation」は1年、「Minecraft」は3年ほどかかっている。

また、アップデートの延期、ロードマップの縮小など当初の予定が変更されることや、極端な例では「一年以上アップデートが無い」「何ヶ月も開発者と連絡がとれない」といったような実質開発中止の状態になってしまうこともありうる。アーリーアクセス版のゲームの販売を行っているゲーミングプラットフォームのSteamでは「完成させられないチームもある」という一文が掲載されている(参考:早期アクセスゲーム)。

そういった理由からコミュニティ上では、しばし「未完成版」「有料体験版」などと呼ばれ、未完成であること、問題点があることに不満を感じたユーザーによる否定的な意見が外部コミュニティに投稿されてしまっていることも珍しいことではない。

基本的に内容が保証されている一般的な製品と違い、アーリーアクセスでは「この製品は開発中です」といったようなメッセージによる前置きがあったり、アーリーアクセスであることの同意を明記する規約・チェック項目などがある場合が多い。大まかに言ってしまえば、製品の購入というよりもクラウドファウンディングに近い開発者への投資と考えた方が良いかもしれない。

つまるところ、アーリーアクセス版の購入は基本的にユーザー側の同意によるものである。開発への参加に意欲的ではない、問題があることに我慢できない場合は正式版が出るまで待つのが一番だろう。

そして、アーリーアクセスはユーザーのフィードバックによる完成を前提としたものである。バグを見つけた場合や不満を感じたり改善して欲しいと感じた箇所は積極的に専用のフォーラムなどで開発者に伝えることが望ましい。よその掲示板で文句を言うのは場の空気を悪くしてしまうだけなので慎みましょう。

アーリーアクセスの導入例

  • ゲームタイトル
    • 7 Days to Die
    • ArmA3
    • Besiege
    • Cube World
    • DAYZ:SA
    • The Forest
    • I am Bread
    • KerbalSpaceProgram
    • Minecraft
    • Mount&Blade
    • Next Car Game
    • Nether
    • Project Zomboid
    • Rust
    • Space Engineers
    • Starbound
    • Stranded deep

参考: List of Steam Early Access games, List of video game crowdfunding projects

関連動画

バージョンアルファ時代のマインクラフト 悪名高い例、アップデートが一年以上無く・・・

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9
ページ番号: 5253294 リビジョン番号: 2166151
読み:アーリーアクセス
初版作成日: 14/07/26 06:52 ◆ 最終更新日: 15/02/23 11:20
編集内容についての説明/コメント: 全体的な加筆修正、導入例と関連動画の追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーリーアクセスについて語るスレ

25 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 08:21:07 ID: +139aDvw7a
ま、これ買うのは完成を期待して買う子供じゃないって事だからね
買った時点で完成品って常識を分かってる自分いいわ~、意識高くなるわ~
26 : ななしのよっしん :2016/03/15(火) 06:51:03 ID: kxm0rL53uQ
完成するか分からないゲームをプレイする権利を売るってアホか
27 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 16:24:18 ID: xhBtCmCT8Q
みんながみんな>>26と同じ考え方だったら、マイクラは世に出なかっただろうし、それに影響受けた数々のゲームが生まれることもなかっただろうな
28 : ななしのよっしん :2016/03/23(水) 04:31:50 ID: 4oeCETZxvl
で、現実は生まれる前に死んでるゲームが多数存在すると
29 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 18:15:31 ID: rLC677eVk/
中途半端にコンテンツやアイデアを使い潰してる感じがして好きじゃない
30 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 05:59:37 ID: E7fSOHZ+rl
アーリーアクセスについて賛否両論あるのはいいんだけど

規約に同意した上で購入して文句つけてるのは頭がおかしいやつだと思う。

31 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 09:24:34 ID: oQFkkxkD4K
マイクラクローンとか全部ゴミだから生まれなくていいぞ
32 : ななしのよっしん :2016/12/08(木) 22:41:22 ID: pdbIO64e40
某ⅩⅤも実質これでしょ、フルプライスだけど。
33 : ななしのよっしん :2016/12/28(水) 16:36:30 ID: 9JDi9ZkjcZ
これのお陰で無個性のマイクラもどきとゾンビ殺しゲームが大量に出回るのであった
34 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 17:11:19 ID: kABsyipImh
マイクラもどきなんて基本無料のスマホゲーでもあるぞ
ゾンビはゲームの基本だぞ
つまりどちらもアーリーアクセスの問題ではない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015