単語記事: 大通公園

編集

大通公園とは大通りの公園、つまり公園そのものが大通りになっていたり、大通りの中にあるような形態の公園のことである。

ただし日本において単に大通公園といった場合、札幌市にある大通公園す場合が多い。当記事では札幌市大通公園について解説する。

もしかして

概要

大通公園札幌市中央区にある、広い道路の中央分離帯を兼ねた形態の公園である。東西に細長く、東は西1丁から西は西12丁(資料館のあるブロックも含めると西13丁)までの約1.5kmにわたってのびる。札幌市中心部の住所の基準となる公園でもあり、大通公園にして北側は「北○条」、南側は「南○条」となっている。

大通公園の東端にあたる大通西1丁にはさっぽろテレビ塔が建ち、札幌都心部を眺望できるスポットとして人気があるほか、さっぽろ雪まつりYOSAKOIソーラン祭りといった催事も大通公園で開催され、多くの観光客が訪れる。周辺は北海道最大級の繁を形成し、札幌市時計台レンガなどの著名な名所や札幌市役所などの重要施設も近所にある、札幌市の中心的存在ともいえる場所である。

歴史

大通公園歴史は、明治期まで遡る。

開拓使判官:義勇による1869年(明治2年)の札幌開拓計画では、東西にのびる細長いき地をにして、北側に官邸や役所などを、南側に庶民の町を配していた。が罷免された後には岩村通俊が札幌開拓を推し進め、の計画を若干修正したうえで、このき地を火防線として設置した。これが大通公園の前身である。
なお、この当時の名残なのかは不明だが、現在大通公園に北側はオフィス、南側は商業施設が建ち並ぶ繁といった印がある。

大通公園の前身となるこの火防線は、当時から農業仮博覧会などの催事が開催されていた。1909年(明治42年)には造園の権威であった長岡の設計により、公園として本格的に整備された。

太平洋戦争中、大通は食糧確保のためににされた。戦後になると大通を接収した進駐軍によって教会などが建てられたが、1950年昭和25年)に大通が返還され、公園として復活。同年からさっぽろ雪まつりが開催されている。

以降、大通公園札幌都心部の憩いの場として市民に親しまれ、現在に至る。 

周辺施設等

関連動画

ニコニコ動画で「大通公園」を検索すると、踊ってみた系統の動画が再生数上位に来る。大通公園での踊ってみた動画については、「北海道一のハッテン場タグも併せて参照すると良いだろう。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A4%A7%E9%80%9A%E5%85%AC%E5%9C%92
ページ番号: 4888328 リビジョン番号: 1530300
読み:オオドオリコウエン
初版作成日: 12/05/15 20:34 ◆ 最終更新日: 12/05/16 03:51
編集内容についての説明/コメント: 大通公園の長さ
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大通公園について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大通公園についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829