きぬがわ(列車)単語

キヌガワ

きぬがわとはJR東日本東武鉄道で運行されている列車名である。

概要

2006年JR東武の直通運転に対してJR新宿東武鬼怒川温泉間に新たに登場した特急列車名である。尚、東武車両が使用される場合は列車名もスペーシアきぬがわとして案内されている。同じく直通特急日光も設定されている。

東武側の発着東武日光の場合は日光鬼怒川温泉の場合はきぬがわと分けられているが、これは東武浅草駅発着の特急けごんきぬの関係と同じである。また、東武日光発着のけごんより鬼怒川温泉発着のきぬの方が本数が多いのと同じく日光よりきぬがわの方が本数が多く設定されている。

しかし、東武側の発着が一違うだけなので、観光案内では「特急日光・きぬがわ」や「東武直通特急(JR側の場合)」のように日光めて案内されている事が多い。また、臨時列車等でも特急日光の方が増発されやすい傾向にある。

使用車両については設定以来JR485系東武東武100系を使用していたが、JRの方については2011年6月からは成田エクスプレスに使用されていた253系改造して使用している。これは2010年7月成田スカイアクセスが開業すると京成との競争が化されると見込んだJR成田エクスプレスに新E259系を導入し、その影253系が余剰になったからである。ちなみに本来は2011年4月253系に置き換えられる予定だったが同年3月東日本大震災の影により6月まで置き換えが延期されていた。

2015年3月上野東京ライン開通により、上野東京ライン経由で大船駅発着のきぬがわが設定される予定である。

運行形態

停車駅

上記の栗橋駅を除いて全列車が停する。栗橋駅は運転停のみ。
新高徳(下今市駅鬼怒川温泉間)は浅草駅発着列車は全列車するが新宿駅大船駅発着列車は通過している。

列車名の由来

沿線を流れる鬼怒川(きぬがわ)から。

歴史

2006年3月 栗橋駅東武鉄道に乗り入れる新宿鬼怒川温泉間に特急きぬがわ1往復・スペーシアきぬがわ2往復の計3往復が設定される。東武日光発着の特急日光と合わせて東武直通特急は4往復設定されている。
新宿 - 池袋 - 大宮 - 東武栃木 - 新鹿沼 - 下今 - 鬼怒川温泉

2013年3月 浦和駅を停に追加。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8D%E3%81%AC%E3%81%8C%E3%82%8F%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

きぬがわ(列車)

1 なかなみ
◆PlutoDW2v2 2011/06/04(土) 16:16:33 ID: //TqLXrWbY
突っ込まれる前に記事名について

1.日光(列車)きぬがわ(列車)の併存 → 東武側の発着が違うだけで記事が二つあるのは不便かも
2.日光(列車)に統一 → きぬがわの方が本数が多いので違和感
3.きぬがわ(列車)に統一 → 国鉄時代の日光の供述はどうするのか

自分が考えられるどのパターンでも多少の違和感は残りますがとりあえず1を採用しました、 もっとベターな意見があるという方は勝手に統合なりしちゃってください。
2 ななしのよっしん
2013/11/22(金) 05:24:10 ID: p0gR4wnPY/
>>sm10469198exit_nicovideo

浅草発着のきぬと新宿直通のきぬがわ
浅草発着のけごんと新宿直通の日光
ややこしいようでそうでもないな
東武特急には地名を準えたのが多いからな