ロイ・ブキャナン単語

ロイブキャナン

ロイ・ブキャナン(Roy Buchanan, 1939 - 1988)とは、世界最高のギタリストである。

経歴

牧師の庭に生まれ、ゴスペルを通じて音楽に触れる。9歳の頃からギターを弾き始め、14歳の頃にはを出て放浪しながらギタリストとしてのキャリアを積んだ。

1957年頃から既にプロとして活動していたジェームズバートンと交流を深め、ジェームズの後を受ける形でデイル・ホーキンスのバンドに加入する。この頃の彼の代表的なプレイとして「スージー・Q」が挙げられる事があるが、現在ではジェームズバートンプレイであると言われている。この後1960年頃までいくつかのバンドギタリストを務め彼のプレイミュージシャンの間で評判となる。

ツアーに疲れた彼はワシントンDCローカルクラブプレイするようになるが、話を聞きつけたミュージシャンらが彼のプレイを見るために出入りするようになる。出入りしていたミュージシャンとしてはエリック・クラプトンダニーコーチマー等が有名である。

ミュージシャンズ・ミュージシャンとして絶賛されていた彼は1969年にはブライアンジョーンズの後釜としてローリング・ストーンズへの加入の誘いを受ける程であったが、一般的な知名度は低かった。しかし1971年に彼の特集番組「世界最高のギタリスト」の放送により音楽シーンで話題となり、翌年ポリドールよりデビューする。

デビュー後はジェフ・ベックとの交流が有名である。ジェフ現在ライブの度に演奏している「悲しみの人たち("We've Ended As Lovers")」は彼にげられたものであり、彼の代表曲「メシアが再び("The Messiah Wll Come Again")」をリスペクトしたとされ、また彼も「メシアが再び」の再録時にアンサーソング「マイ・フレンドジェフ」という形で答えている。

1988年に酔いつぶれていた所を保護され、留置所内で首吊り自殺にて死亡

プレイスタイル

ブルーズ、R&Bを中心としながらカントリーハードロックを取り入れたスタイルである。エフェクトをほとんど使用しなかったが、ボリュームポットを仕様した「ヴァイオリン奏法」、トーンポットを使用したワウ効果等を用いて多な音を繰り出した。またピッキングハーモニクスやナット・ベンドも彼が開発したと言われている。

レスポールストラトキャスターを使用した事もあったが、トレードマークとなっているのは1953年テレキャスター、"Nancy")である。ほとんどの音はアームも付いていないテレキャスター一本で演奏され、そのテレキャスターを駆使したプレイから所謂"テレマスター"の一人に数えられる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ロイ・ブキャナン

1 ななしのよっしん
2011/02/18(金) 22:02:58 ID: zYhBHshaW5
ロイさんなんで自殺なんてしちゃったんだよ・・・
色々本も大変な状況で、色々あっただろうけど・・・
2 ななしのよっしん
2012/02/08(水) 03:56:55 ID: 6TUcWEdT2o
ロイ大百科あるのかよwすごいな

しかし見た普通おじさんなのにギター弾き始めた途端に人間やめるからなこの人・・・とてつもないわ。
3 ななしのよっしん
2013/10/08(火) 22:44:17 ID: R0TUgxS8AG
ジャケが発売されたな。高いけど全部欲しいな
4 ななしのよっしん
2015/01/31(土) 02:28:03 ID: +xCfElCFYl
ニコニコに記事あって驚いたわ
この人のHey Joeカバーは色々と衝撃だった

急上昇ワード