万華鏡単語

マンゲキョウ

万華鏡(マンゲキョウ)は、と筒を使った玩具

概要

筒の内部にり、中に入れたビーズや色ガラスの小片などを、小から覗くことで対称模様が見え、回転させることにより変化が楽しめる玩具の一種である。

英語ではギリシャ語の「美しい模様を見る」に由来する、kaleidoscope(カレイドスコープ)の造で呼ばれる。

1816年、スコットランド科学者・ディヴィッド・ブリュースターが、偏実験の最中たまたま発明したといわれている。
日本では1819年には輸入されており、眼鏡(ヒャクイロメガネ)とよばれ人気を集めた。
当時は万(バンカキョウ)、万華鏡(バンカキョウ)、錦眼鏡ニシメガネ)とも呼ばれていた。

玩具として普及している万華鏡だが、世界では芸術品としても有名で、アートを意識した手のこんだ作品を生み出す作家が多く存在する。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%87%E8%8F%AF%E9%8F%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

万華鏡

1 ななしのよっしん
2018/03/20(火) 20:42:45 ID: 2G4iB3wGnB
ありそうでなかった記事。