芸術単語

ゲイジュツ
1.6千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

芸術とは、爆発だ!何だこれは!

概要

人間の文化的営みのうち、生活上の実利よりもむしろ美や趣きといった内的価値によって人の心を動かしてきた諸分野(美術、音楽、文芸、演劇、舞踊などなど)を、通常芸術と呼んでいる。

いかに人の心へはたらきかけるかというものである以上、あまりに人々の感覚からし異端であったりシュールな手法や作品に対しては辛辣・否定的な意見が投げつけられることが多いが、作者の死後に「世に出るにはウン十年すぎたのだ…(合)」などとして高く評価されるパターンも意外とあったりするので、もしかしたら数年後には思いもしないものが芸術作品として認知されているかもしれない。
そのため、自らの理解をえるものに対して、とりあえず「ああ、芸術的だね・・・」と皮っておく人もいる。

なお、ネットや各種雑誌などで各種作品に対するレビューの蓄積が進む昨今では、自分で観たこともないのにこれは名作だの駄作だの分かったふりをしてランキングをつけて煽る人が増えている。恥ずかしいからやめよう。

価値の性質によって、「芸術」の範囲を決定できるか?

社会哲学や文化論の世界では、人間社会で共有され継承される価値を技術(実利)的価値、芸術的価値、学術的価値、思想的価値などに分けてみたりする。
しかし、人間の行為がもつ価値は一重ではないので、本質的なことを言ってしまえばあらゆる営みはある程度芸術であって、ある程度芸術ではないのだということもできる。

例えば、料理を美味しく作ろうとする行為一つをとっても、技術的追求芸術的追求も含まれる(もちろん通常料理人を芸術とは言わないのだが)。栄養学などの知的(学術的)追求とも不可分である。
大衆娯楽と呼ばれて発達したもの(お笑いスポーツイベント映画ゲームニコニコ動画など)は芸術分野に分けることもできるが、実際現在の私たちのイメージ上では芸術的価値(美、趣き)と娯楽的価値(楽しさ、ユーモア)とを何となく区別している。だがもちろん、特定の作品をとってきてこれは芸術作品でありこれは娯楽作品であるとちゃんと線引きすることは不可能である。伝統的な手法にこだわる芸術もいれば、そんなことに囚われず各種製作に携わる作者さん達もおり、芸術に対する考え方は千差万別と言える。

「藝術」と「芸術」

東京藝術大学」や「文藝春秋」など、現在日本においても敢えて略字「芸」ではなく旧字にこだわる個人・団体も多い。

これは、元々「」のほかに「芸」という字があり、「」のほうが木を植えることや熟練の技、「芸」のほうがを刈ることや人前で演技することをしたという事情に由来している。
現在略字が同一になってしまったため、二つの字の意味は一緒くたになって使われている。 

芸術の一般的な例

美術分野/創る(表現)→視る

絵画(描画・影絵コラージュ等)、版画、彫刻、書道、生けなど。

文芸分野/書く(表現)→読む

小説詩歌、随筆、漫画・絵本など。

音楽分野/作曲する(一次表現)→演奏する(二次表現)→聴く

土着音楽クラシック音楽ジャズポップス、フォーク合唱音楽、劇伴音楽など。

芸能分野/演じる(表現)→観る

ダンス、雑技ショー歌舞伎オペラ人形劇近代劇、コント講談落語など。

生活上の行為・事業に芸術的価値を付与した分野

伝統工芸、創作料理茶道建築、造園、インテリアデザインなど。

近代技術や電子記録媒体を通した分野

写真作品、コンピュータグラフィック映画ドラマアニメーション、そのほか複合的映像コンテンツショートフィルムTV番組やCM作品・ゲームソフト等)など。

関連項目

関連動画

関連商品

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B8%E8%A1%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

芸術

222 ななしのよっしん
2021/08/07(土) 23:52:15 ID: q6OHygHcuJ
芸術の定義としていくつか条件が決められているが、どっちかってーとマイナスの要素が多い気もする

①写実的
 写真がない当時は写真の様な精巧な絵は高く評価され、これは今でも画力基準として変わらない

②被写体は上位者
 神話上の、もしくは王族や貴族等を描くのが好ましいとされた

③審の結果「芸術認定」される事
 コレが最も重要で、サロン等の審認定された絵だけが芸術として認定許可される

こっからマイナス
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
223 ななしのよっしん
2021/08/21(土) 21:10:31 ID: 2XY79Ww8TR
ロココから新古典義の流れを継いだ、150年くらい前のサロンによる「定義」じゃないのか
現在評価が進んでいるアウトサイダーアートとかには全く当てはまらない
224 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 18:17:28 ID: M8aG63mj2q

>>lv333402363exit_nicolive
225 ななしのよっしん
2021/10/12(火) 07:38:19 ID: 59PtnHLNQQ
いろいろ定義がありすぎる。
チラ裏では、芸術=「価値のあるもの」だと必ずしも考えなくてもいいのでは?という気はしなくもない。
現代アート漫画文化の芸術分野は区切って考えるべき。

芸術っていう言葉だけでなら、言葉遊びとして、文章を組み立てるときに、ひとつの単として使うものだと私は思う。
素晴らしいね、と言うときに使ったり。
が技巧的だったりシュールなときに使ったり。
時には皮に使ったり。

例:「やべえ、このスレめちゃくちゃアートじゃん!」
226 ななしのよっしん
2021/10/12(火) 07:45:58 ID: R83I3VfcAi
切って分けるぐらいなら新しくそれに相当するを作った方が建設的だと思う
絵画=芸術 漫画芸術 絵画=漫画 ???
という価値観混乱が起こっている気がする
227 ななしのよっしん
2021/10/12(火) 08:02:11 ID: 59PtnHLNQQ
絵画は芸術だという世間の常識がまかりとおってる。
漫画芸術なの?となると、常識としてはない。
ただ、漫画芸術には、いままでの芸術文化にはなかった、とかポジティブなものが見えてきて逆に可性を感じる。

最近だとファンアートという言葉も出てきてる。
そのうち、漫画文化の中で漫画芸術を表す言葉も自然発生するかも。

私個人の思いとしては、漫画芸術だと思う。
いろんな人の考えがあるだろうけど。
228 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 17:52:34 ID: 6dI0iAmn+L
>>226
江戸時代浮世絵は絵画であったが漫画でもあった
そういう意味では漫画=絵画というのはある意味成り立っている
今の漫画のなかで浮世絵のように後世に残るものがどれだけあるかはわからんが
229 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 18:15:34 ID: 6dI0iAmn+L
漫画のようなサブカルチャーは意外と大衆の支持を得ると同時に芸術の専門からも支持を得やすい(ディズニー手塚治虫ジブリなど)
クラシックで言えば、ガーシュインやバーンスタインスターウォーズなどのジャズ系のアメリカン・エンターテイメント評論家からは名誉クラシック扱いされてる、それと同じ(シュラメル音楽などヨーロピアンエンターテイメントは時代遅れと見なされ視される傾向にある)
それに対して、芸術評論家からも大衆からも支持を得にくいのはアウトサイダー・アート(20世紀にはプリミティブ・アートと呼ばれていた)
20世紀のものでは21世紀現在にも人気が続いているのはアンリ・ルソー、グランマ・モーゼス、山下清など数えるくらいしかいない。音楽になるともっと少なくなる(チュルリョーニスなど、演奏会からは忘れられた存在も多い)
230 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 09:45:31 ID: 59PtnHLNQQ
アートを意識して変にエキセントリックなものを作ろうとせず、このまま「」や「人との」を推進するようなものを漫画アニメ文化には続けていってほしい。
それが漫画のアートといえるのでは?
231 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 18:48:44 ID: 1BXSQt4WjA
漫画アニメ作品が芸術たりえるかどうかはそれらの作品のジャンルファン層によっても違ってくる
一般に女性ファン二次元に対する執着が薄い。イケメンが出てくるのなら声優でも俳優でもどちらでもいい。少女漫画女性向け漫画映像化はアニメでも実写でもどちらでもいいとされることが多い。例えば、逃げ恥のだめかぐやさまなど
どちらでもいいのだから、実写化作品が大ヒットした時点でその作品の漫画アニメ芸術としてのアイデンティティーは喪失する。わざわざお金と手間暇をかけてアニメ化する意味がない
実写化の成功は大きな商業的利益をもたらすが、実写作品の方が有名になってしまうのならその作品の漫画アニメ芸術としての存在意義はなくなるだろう。ただの脚本原作に成り下がる
女性ファンはそれでいいのだろうが、困るのはゆるキャンのように実写化のながれが男性向け漫画にまで波及することだ。そうなると、男性ファンアニメを見るが女性ファンその他一般層は実写を見るということになり、ファン層の分断がおきる。
男性ファンにとっては漫画アニメ芸術だがそれ以外の人にはただのドラ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改