土鍋単語

ドナベ

とは、土製のである。

概要

その歴史は古く、日本に登場したのは縄文時代だといわれている。
という名前で呼ばれるようになったのは平安時代のことである。
その頃から製のが普及しだし、それと区別するために土製のを土と呼ぶようになったとのこと。
その後、1950年代にリチウム鉱物ペタライトを用いたリチア系耐熱陶器製の土が開発され、
一般庭にも普及したしていった。

料理を作ったり、ごはんを炊いたりするイメージが強いが、煮物や蒸し料理を作る際に使われることも。
ガスバーナー炭火などで加熱して使うが、最近ではIH対応の土も製造されている。

特徴

「土で調理するとおいしい」とよく言われるが、これは遠赤外線効果によるもの。
は火にかけると熱を蓄え、遠赤外線を発するという特性がある。
そのおかげで食材の芯にまでじんわりと火を通すことができ、食材の旨味を引き立てることができるのだ。

また、保湿効果が高いという特徴もあり、余熱でも調理が可である。

取り扱いには多少注意が必要で、金属と同じように使っていたらすぐに割れてしまうこともある。
よくあるのが底が濡れたまま火にかけること。土は急温度変化に弱いので、
外側が濡れたまま火にかけると割れてしまうのである。
また同様に、炊きすると割れてしまうことも多い。

他にも、土分がしみこみやすいので、残った料理を入れっぱなしにしておくと匂いがしみついたり、
カビがはえたりすることもある。

は新品であっても、に見えないひびやが存在しているという。
そのため新しい土をおろすときは、まずおかゆを炊くべきだとされており、
おかゆのでんぷんでひびやをふさぐことができるのだといわれている。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%9C%9F%E9%8D%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

土鍋

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 土鍋についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!