単語

ハナワ

はなわ、ばん)とは、山が小高くなった所のこと。対義(あくつ)。転じて日本の地名、苗字となる。苗字としては茨城県に非常に多く分布している。

人名

実在の人物

架空のキャラクター

地名

漢字として

Unicode
U+5859
JIS X 0213
1-40-25
部首
土部
画数
13画
Unicode
U+58A7
部首
土部
画数
15画
𣤇
Unicode
U+23907
部首
欠部
画数
14画
意味
土が固い、堅土、土が小高くなった場所、という意味がある。またと通じて確か、确と通じて硬い、墽と通じて、石の多い土地、という意味がある。日本語では、山の突き出た場所という意味がある。〔説文解字・巻十三〕に「堅くしてくべからざるなり」とある。
字形
符は。高は、高楼の文字。土と高で、いた土と、高い土地の意を併せ持つという説がある。
音訓
読みカク音)。訓読みは、かたい、はなわ、ばん。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第一準。
塙解

異体字

  • 墧は、〔康煕字典〕に塙と同じとある異体字。またの異体でもある。
  • 𣤇は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A1%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2012/02/26(日) 16:11:43 ID: IzblnZfx5m
宣之の解説で塙尚輝の「尚」の字が間違って「直」になっています。