翻訳単語

ホンヤク

HONYAKU:to change written or spoken words into another language.   

概要

か、上の文章が理解出来ないので翻訳してくれないか?

翻訳とは、ある表現(A)を別の表現(B)に翻案にすることである。
翻案された表現(B)は、(A)とは表現は異なるが、言いたい内容はほぼ同じである。

概要2

か、上の文章日本語おかしくて分かりづらいんで、翻訳してくれないか?

一般的には、言の翻案をしており、異なる言に翻案すると言う意味が強い。だが、言が分かってても分かりづらい文章の場合も「翻訳してあげて」と言いたくなることもある。読み手に配慮した文を書く努を怠ってはならない。下の項では、もうちょっと分かりやすく説明してある。

特に他言日本語翻訳する場合は、和訳と呼ぶ。

翻訳と翻案

翻訳とは、ある言の文章を他の言に変換することである。

しかしながら小説などを翻訳する場合、単純に直訳しただけでは日本語として不自然になってしまったり、読み手に書き手の意図が理解できないケースがある。そこで、外国人である読み手にも分かりやすくするためあえて表現を変えることがある。

例えば、明治時代に「フランダースの犬」が日本に輸入された際、翻訳ネロを「清」(きよし)、パトラッシュは斑(ぶち)、アロアは子(あやこ)と訳された。これは外国語の固有名詞が日本人に受容しにくいことが原因であった。

逆に、日本語の作品を外国語に訳する際に、外国人に分かりやすくる為に手を加えられたこともある。その例として、太宰治小説斜陽」の中で、足袋を履いている医者が描かれているシーンが言い換えられたことが挙げられる・翻訳したドナルドキーンは、その足袋を手袋と訳したのである。当時、医者は威厳を出すために足袋と羽織の正装をしていた。しかし、西洋では正装をするときは手袋をはめるので、「足袋」では「いかにも正装している」という雰囲気を伝えられない。そこで、キーンは、その医者まった姿を西洋の人間にも理解してもらうために「手袋」と訳したのである。

こうした予備知識や文化的な違いを考慮し、外読み手に書き手の意図を理解させ、かつ自然外国語に訳する必要が翻訳にはめられる。

翻案とは、特に小説・戯曲などを、原作の筋や内容をもとに作することをす。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BF%BB%E8%A8%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

翻訳

49 ななしのよっしん
2017/10/08(日) 11:50:51 ID: X9cNq/Jk+i
>>44
アナと雪の女王Frozenを訳したりとかな
50 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 13:40:31 ID: OM+3SepLaA
字幕なんかは訳したくても文字数制限があって全部は訳しきれないのよね
51 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 08:12:05 ID: ubWa1WmzPe
直訳は分かりにくいという勘違い
一番分かりやすいしにとっても楽なのが直訳
意訳は面くなることはあっても分かりやすくなることはない
つまらなくなることのほうが多いので直訳が一番
52 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 09:41:45 ID: +aOp1YiM94
>>51
 お前それマルクスの『資本論』読んでも同じこと言えんの?(AA略>>21も参照)

どこまでを「直訳」と呼ぶかによる。関係代名詞や後置の挿入句を一文対一文対応で訳そうものなら読めるものも読めない(>>27の本が典)。辞書の訳が使いものにならない場合もあるし。
53 ななしのよっしん
2018/07/10(火) 20:51:42 ID: QsAP8qVLJG
日本語MODのために翻訳にちょくちょく参加してるけど、一番翻訳がめんどくさいのがアウトローとかの汚い言葉だな。辞書に乗ってるわけもないから、ニュアンスを予想して辞書検索からの逆変換で確認してる。
54 ななしのよっしん
2018/07/10(火) 20:55:43 ID: yQ6NcQg7kz
悪いことは言わないから映画小説から引っって来い
55 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 21:56:02 ID: P73ayrptPm
英語苦手だったけど「これもっと自然にできるだろ!」となるのはあるある
ドラえもん:この未来から来たネコロボットは、彼の親友ののび太を自身のひみつ道具で助けます」みたいなやつモヤモヤする
ドラえもん未来からやってきたネコロボットのび太とは親友で、ひみつ道具サポートしてくれる」とかに書き直したくなる
でも授業の模範解答だと前者が最適解なのよね
「まず基礎おさえるために直訳しろ、意訳はそれからだ」っていうのはわかるんだけど…
あと「しばしば」多すぎるのも好きじゃなかった
56 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 22:20:26 ID: P73ayrptPm
でも、いかにも外国語を訳しましたってものでも「だがそれがいい」となる訳文もあるな
お堅めの小説でありそうな「それの偉大なるなんとか」みたいなのとか
染みの薄い表現が上手く良い方向に働いて、日本離れした異の情緒を醸してて好き
57 ななしのよっしん
2018/10/19(金) 22:27:06 ID: +aOp1YiM94
>>56
個人的には、っ先に挙がるのがOVA版の銀英伝ナレーションだな
58 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 07:49:37 ID: FBnczsyvje
日本人英語だと思ってるモノが英語じゃない
って問題…(尊敬や謙譲が日本人には難しい)。

どの聖書古典のどのバージョンからの引用
彙であるか、軍事貴族周りではどの職務に
関連した題や優先順位かが日本人に判らない。
(というより、其の必要性すら認識出来ない)

なぜなら日本敬語最低限で発達停止してて
マナーまわりが単なる行儀作法でしかない上に
貴族が単なる(成金ではない)富でしかない
族程度と混同されているといった問題があり、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)