単語

ホロ

とは、陽のやほこりを避けるために乗り物の上部にかける覆いのことである。

概要

などに使われ、現在でもオープンカートラックによく見られる。

現在々にとって身近な幌は電車連結面を覆う「貫通幌」であろう。乗客が隣の車両へ安全に移動できるために用いられる他、新幹線では空気抵抗を弱めたり遮音性を高めるなどの機をもたせた特殊な幌が使われていたりする。

幌で覆われているとはいえ、基本的に連結部は車両の外。落下したり身体を挟まれると危険であることは言うまでもないし、強い制動、衝突事故の際は大きく損傷を受ける場所である。混んでいるからと連結部に乗ってはいけない。というかそこはそもそも通路であり立ち止まる場所ではない。やめようね!

人名

日本の人名である。

漢字として

Unicode
U+5E4C
JIS X 0213
1-43-58
部首
巾部
画数
13画
意味
とばり、につけるカーテン、屋の幟、という意味がある。日本語では、ほろ、という意味がある。
玉篇〕に「帷幔なり」とある。
字形
で、符は
音訓
読みコウ音)、訓読みは、ほろ、とばり。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。2004年に人名用漢字に採用された。

異体字

  • 幌は櫎の異体字でもある。〔説文解字〕の段玉裁の注に、櫎の異体字の榥が変化したとある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B9%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 03:52:03 ID: VeeK++VI0W
漢字として見かけることが多いのは間違いなく「札幌」。
アイヌ語当て字っぽいけど。

急上昇ワード