我が子を食らうサトゥルヌス単語

ワガコヲクラウサトゥルヌス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

我が子を食らうサトゥルヌス

我が子を食らうサトゥルヌスとは、フランシスコ・デ・ゴヤ(1746年3月30日 - 1828年4月16日)が描いた絵画である(制作1819-1823年)。先に同じモチーフルーベンスが作成したものもある。

概要

トゥルヌスとはローマ神話における農耕であり、ギリシア神話クロノス同一視されていた。クロノスは「お前も自分の息子に殺される」と予言されたため、自分の子供が生まれるたびにそれを飲み込んでいった。

神話では丸みだったが、ゴヤが描いたのはサトゥルヌスが子の頭と腕をかじり取る様子である。なお後世に塗りされてしまうのだが、かつては勃起していたことが判明している。マドリード郊外の別荘、通称「聾者の」で作成された「い絵」と呼ばれる連作のうちの一点であり、本作は食堂の壁に描かれた。

のちにキャンバスに移された状態でスペインのプラド美術館に所蔵されている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

我が子を食らうサトゥルヌス

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 我が子を食らうサトゥルヌスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!