江戸むらさき単語

エドムラサキ

江戸むらさきとは以下の事を表す。

概要

1950(昭和25)年発売。当時はサッカリンなどの甘味料を使った商品が一般的だった中で、入手困難だった砂糖を使用、昔ながらの本格的な味を追求していた。

広告キャラクターとして、俳優かつコメディアンであった三木のりを起用。彼を模したキャラクターと、彼がを当てたテレビCMによって人気商品となった。現在は実の息子コメディアンでもある小林のり一がを担当している。

その後、のりの煮込み時間を減らしつつ、タマリンドでとろみプラスした「ごはんですよ!」がヒットし、のりの佃煮として定番商品となった。その後も様々なラインナップが発売されてきた。

ラインナップ

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%82%80%E3%82%89%E3%81%95%E3%81%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

江戸むらさき

1 ななしのよっしん
2014/09/16(火) 16:58:18 ID: 2rGjJ7xDdk
曖昧さ回避の記事を「新規作成」として特定の物に書き換えるのはどうかと思う

別記事で作成すべきだと思います
2 ななしのよっしん
2014/11/04(火) 11:16:06 ID: 4Iv07r0/8Z
どうやら「江戸むらさき」(“むらさき”が平仮名)という表記は桃屋が最初で、芸人漫画はそれを由来にして名付けられたみたい
なので、今の記事の内容自体は別にかまわないと思う

ここを曖昧さ回避に戻して「江戸むらさき(桃屋)」を新規作成・・・という方法もあるけど、元々桃屋の商品の表記だったものが括弧つきの記事名になるのも変な気がする

ただ、曖昧さ回避とはいえ既に存在していた記事を大幅に編集して、そのコメントが「新規作成」というのはとてもじゃないけど感心できない
それと、もし今の内容のままにするとしても、冒頭の「この記事は曖昧さ回避です」は撤去すべき

急上昇ワード