単語

カサ

とは、日差しやを防ぐために頭に身に付けるかぶりものである。

概要

笠は古くから使われ、中国経にととも記述がある[1]。日・のほか顔を隠すためにも用いられた。

現在では日常的に用いられることは減ってきているが、農作業や行事などで用いられる。

な笠の種類に、編笠、組笠、縫笠、押え笠、笠、塗笠がある。材料は、タケ、ヒノキ、スゲ、イグサ、藁、布、など。

人名

日本に笠姓がある。

漢字として

Unicode
U+7B20
JIS X 0213
1-19-62
部首
画数
11画
意味
柄のないかさ、被りかさ、という意味がある。〔説文解字・巻五〕には「簦の柄きなり」とある。簦は大きめの柄のあるかさ。〔急就篇〕の注に「大にして把有り、手に執りて以って行く、之れを簦と謂う。小にして把し、首に戴きて以って行く、之れを笠と謂う」とある。
字形
符は
音訓
読みは、リュウ音、音)、訓読みは、かさ。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。2004年に人名用漢字に採用された。
笠子・笠沢

関連商品

関連項目

脚注

  1. *を何(にな)ひ笠を何ひ」 ―〔経・

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2013/10/18(金) 06:37:23 ID: cSk4COvAax
便利そうなのに何でも使わないんだろうなぁ
2 ななしのよっしん
2014/02/19(水) 19:09:23 ID: 0qM5Od0K9z
登山する時にかぶってますぜ
3 ななしのよっしん
2014/02/19(水) 19:19:05 ID: ZOztm6I+8p
敵の玉を三回(または一回)まで防いでくれる