足立美術館単語

アダチビジュツカン

足立美術館とは、島根県安来にある美術館である。

概要

昭和45年1970年)に安来出身の実業足立全康(あだちぜんこう)によって創設された。足立14歳仕事につき、財を成した後に幼少時から興味のあった日本画の収集を始め、71歳のときに地元への恩返しとして足立美術館を創設した。
120点に及ぶ横山大観のコレクションが質・量ともに充実していることから「大観美術館」とも呼ばれ、
常時20余りが展示されている。その他川合玉堂や平山郁夫など近代から現代の日本画約1,500点及び、陶芸北大路魯山人の作品などを収蔵。

また足立全康の考える『一幅の絵画のような』美しい日本庭園は、アメリカ日本庭園専門誌「ジャーナル・オブジャパニーズ・ガーデニング」において、2017年まで庭園ランキング15年連続日本一に選ばれた。広大な庭園の隅々まで維持管理がゆきとどき、「現在鑑賞できる日本庭園としていかに優れているか」という点が評価されたのである。
枯山庭・庭・庭など計6つの庭園は四季折々の表情を見せ、館内の絵画と共に訪れる人を楽しませている。館内から庭園を絵画に見立てて鑑賞できる「生の額絵」や「生の掛軸」などの工夫もまたである。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

足立美術館

1 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 00:34:05 ID: 5vv4VvrO6u
1

急上昇ワード

2019/09/17(火)15時更新