単語

ヒン

とは、しきりにという意味の漢字である。

編集上の注意:この記事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで編集してください。

ニコニコ大百科仕様上、頻、頻、頻がこの単語記事に対応します。

漢字として

Unicode
U+983B
JIS X 0213
1-41-49
部首
頁部
画数
16画
読み(常用)
ヒン
訓読み(常用)
-
Unicode
U+FA6A
JIS X 0213
1-93-91
部首
頁部
画数
15画
𩔤
Unicode
U+29524
部首
頁部
画数
19画
意味
旧字体は頻。 以下の意味がある。現在は、しきりに、の意味で使うことが多い。
  • しきりに、頻繁に
  • 急に、親しむ
  • 迫る、あやうい。〔経・桑柔〕「、斯(ここ )に頻(あや)ふし」
  • と通じて)
  • (顰と通じて)をひそめる
の会意。
文・文ではと同じ字であるが、現在では別の字として扱われている。
の成り立ちには諸説ある。→
音訓
読みはヒン(音)、ビン(音)、訓読みは、しきり、しきる。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。当用漢字にはなく1981年常用漢字に採用された。
JIS X 0208で頻・頻は区点41-49に包摂されていたが、JIS X 0213で頻が分けて追加され、包摂基準の適用対外となった。
頻を符とする漢字には、𠐺、嚬、蘋、顰などがある。
頻出・頻度・頻尿・頻発・頻煩・頻繁・頻頻・頻脈・頻用

異体字

  • 頻は旧字体常用漢字表に参考字体として載っている。JIS X 0213第三準。
  • 𩔤は、〔五音篇〕に「音頻、義同じ」〔集韻〕に「頻、――古、𩔤と作(な)す」とある異体字。
  • 簡体字は频。

互換文字

  • 頻、頻はUnicodeにおいて頻と互換とされる字である。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A0%BB
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 頻についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード