編集  

ANT単語

アント

ANTとは、以下のものをす。

  1. Javaベースのビルドツール(一般にAntと書く)。
  2. マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のデッキ(一般にANTと書く)。

この項では2と3について詳述する

2の概要

Antは、Apache Projectにて開発をされている。ビルドの示はbuild.xmlに記述して、そのbuild.xml示にしたがって、antコマンドでビルドを行う。もっとも、Javaベースなだけであり、理屈上はmakeと同じようなことが可である。

3の概要

ストーム”を活用したレガシーデッキデッキ名はキーカード《むかつき/Ad Nauseam》と《苦触手/Tendrils of Agony》から。レガシーを代表するデッキのひとつである。

Ad Nauseam / むかつき (3)()()

インスタント

あなたのライブラリーの一番上のカード開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたはそれの点数で見たマナコストに等しい点数のライフを失う。あなたはこの手順を望む回数繰り返してもよい。

引用元

Tendrils of Agony / 苦触手 (2)()()

ソーサリー

プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。

ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対を選んでもよい。)

引用元

1ターンの間に軽量なドロー呪文などを連打しストームを溜め、《苦触手》で20点以上を叩き込む。デッキのほとんどのカードが0マナか1マナのため、《むかつき》を使えばほぼ確実に致死量のカードを集めることができる。一方、デッキの中の数少ない重たいカードを連続でめくってしまい頓死ということもたまにある。

キーカードだけならだが、ドロー呪文が充実しているを加えたの2色が基本。この他にデッキの色付けとしてを足すことが多い。

非常にプレイ難度が高いデッキとして知られている。一方、熟練すれば苦手な《意志の力》などが入ったデッキなども打ち倒せるデッキパワーももつ。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ant
ページ番号: 5501474 リビジョン番号: 2544523
読み:アント
初版作成日: 17/09/17 20:25 ◆ 最終更新日: 17/12/03 21:25
編集内容についての説明/コメント: デッキについて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ANTについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ANTについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス