i486単語

インテルヨンハチロク

i486(Intel 486)とは、米国インテル社のパソコン32ビットCPUである。なお名称は、商標を取りやすくするために後期になると"Intel DX2"、"Intel DX4"と、486が省略されていた。

概要

1989年に、i386の後継CPUとして開発された。
大きな違いは、CPU内部に8KBのキャッシュメモリー(L1キャッシュ)を内蔵したことにある。CPUメインメモリーではデータ転送速度に大きな差があるため、メモリー転送の遅さが処理の足を引っっていた。
そこで小容量だがメインメモリーよりも高速なキャッシュメモリーに、よく利用される命データを格納することで、CPUの処理を向上させることができた。
さらに外部からL2キャッシュを追加することも可であった。

また、RISCプロセッサーで採用されているワイヤーロジックを搭載し、単純な命であればマイクロプログラムデコードせずに直接処理することができた。
さらに一部を除いて数値演算コプロセッサーを内蔵することで、浮動小数点演算を高速に処理できるようになった。

クロック周波数も、CPU内部でマザーボードベースクロックより2~3倍にすることで向上させやすくなっていた。これを利用して、CPUアップグレードを行えるオーバードライブプロセッサも開発された。

一方で、CPUからの発熱も深刻な問題となり、効率よく熱を下げるため、CPU上部にはヒートシンクが取り付けられていた。

主なラインナップ 

  • i486DX
    フルパッケージ
  • i486SX
    DXより浮動小数点演算ユニットを外したもの。
  • i487SX
    i486SX用の浮動小数点演算用コプロセッサ。実際はi486DXそのもので、専用ソケットに装着することでi486SXの動作を止め、コプロセッサのみで動く。 
  • i486DX2(Intel DX2)
    i486DXの内部クロック周波数を2倍にしたもの。後期にはL1キャッシュをライトバック式にしたものも発売された。 
  • i486SX2(Intel SX2)
    i486SX の内部クロック周波数を2倍にしたもの。 
  • i486SL
    i486DXの版。
  • Intel DX4
    i486DXの内部クロック周波数を3倍に、L1キャッシュを16KBにした製品。 

キャンペーン

この頃よりインテルは、"Intel inside"(インテル入ってる)というキャンペーンを始めた。パソコンメーカーインテルCPUのみを採用させ、広告インテルCPUを入れていることをアピールさせることで補助を与える仕組みであった。
当初は"Intel in it"となっていたが、挿入させる意味合いがあって性的なイメージを持たれるため、"Intel inside"とめられた。
このキャンペーン日本からのもので、電通日本マイクロソフト社長であった古川によるアイデアである。 

関連動画

i486に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/i486

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

i486

1 ななしのよっしん
2013/11/30(土) 17:36:56 ID: MHwl0vRPEG
>>sm10167294exit_nicovideo


>>sm20209477exit_nicovideo


>>sm3115926exit_nicovideo
2 ななしのよっしん
2014/06/09(月) 00:33:59 ID: EkkN8RDGeo
クロック三倍なのにDX4を名乗る中二センス
ダサくてイケてないx86力技で高速化した感があって大好き