イワナ単語

イワナ

  • 11
  • 0
掲示板をみる(233)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イワナとは、サケサケ科イワナ属のの一種、およびイワナ属に属するの総称である。

ニコニコにおいては三つ以上の意味が存在し、うち二つはコミュニティ外の人にはあまりよい感情を持たれているとは言えないため、動画の趣旨を理解してコメントを書く必要がある。クッキー☆関連についてはイワナ(クッキー☆) を参照。

概要

漢字で書くと「岩魚」、英語では"char"と呼ばれる。
イワナとは狭義には学名 Salvelinus leucomaenisである。
広義にはオショロコマ(Salvelinus malma)なども含まれる。どちらかというと冷たいを好み、0度近くになっても死なないが、20度をえると健康が出る。総じて獰猛かつ雑食性であり、サンショウウオやらネズミ丸呑みしていたりヘビすら飲み込んでいる事もある。また底を歩くように泳ぐ事ができる。
渓流釣りではヤマメと並んで狙われるである。ちなみに、これまたヤマメ同様繁殖・放流されたものが多い。
ちなみにサケのイクラはおなじみい色をしているが、イワナやヤマメのイクラ色である。

サケと違って色はないがサケ同様白身魚であり、調理法として一般的なのは焼きかから揚げである。渓流釣りの物を生食するのは寄生虫がいる可性があるためできれば避けたほうがよい。養殖のものは気にしなくてもいいだろう。

関連動画



↑ここまで冷


↓ここから熱

イワナとはダシのついていて、味付けのいらないである。

中身のある概要って言われてますか?

イワナ見てみろよ!
イワナはなぁ…余計な味付けがいらねぇんだよ。
自分に中身がある…ダシがついてるんだよ!
イワナ=ミナラッテ=ミケロ!(イワナ見習っていけよ!)
中身で勝負だ!
これからダシのある人間になれ!

上は松岡修造氏がイワナの焼きを前にしての発言。最後の方ではこみ上げる笑いをこらえている。

シジミよりもダシがついており、松岡修造氏もイワナを見習うように奨励している。しかし前述のとおりイワナは熱いのが苦手。イワナにとってはいい迷惑かもしれない。

イワナが弱る関連動画

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/17(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/17(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP