今注目のニュース
許せない、、幕張メッセで行われた「ジャンプ」のイベントで撮影された少年達のひどすぎる行為が拡散され炎上!
アニメ好き女子アナ・藤田かんな「女子校出身の私は共感だらけ」 新作「女子高生の無駄づかい」
上沼恵美子が賞賛「すごいな、松本人志さんて」

ヤマメ単語

ヤマメ

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヤマメとは、の一種である。

東方Projectキャラクターについては、黒谷ヤマメを参照。

概要

漢字で表記すると「山女」「山女魚」。

渓流釣りの対の代表格。
美しい体と素晴らしい食味を併せ持ち、なおかつ非常に警心が強いため釣るのも容易ではなく、まさしく才色兼備の渓流である。

体に青色のパーマークと呼ばれる大きな楕円形の模様が並ぶ。全長は最大で40cmに達するが、大個体は多くなく、30cm以上のヤマメ(尺ヤマメ)は渓流釣り師の憧れである。
よく似た種にアマゴがおり、こちらもパーマークが並ぶが、全体に朱色の小さな点が散在していることで区別できる。かつてはヤマメとアマゴは生息域がかっちり分かれていたとされるが、近年は放流によってばらばらになっている。
イワナよりは下流に生息するが、交雑個体も存在する。

なお生物学的には正式な名前を「サクラマス」といい、に下って成長するもの(降)をサクラマスに残って成長するもの(河川残留、陸封)をヤマメと呼んで区別するが、両方とも同じ種である。アマゴも同様に、降サツキマスと称する。
後にサクラマスサツキマスとなってへ下る予定がある個体は、15cmくらいになるとパーマークが消えて体全体が白銀一色になる。これをスモルト(毛、化、シラメ)と呼ぶ。スモルトはに適応するが、食味が若干落ちるとされる。
サクラマスは全長70cmに達し、サツキマス50cm程度まで成長する。近年、降しようとしてダムで止められてしまい、そこで大化した『』といえるサクラマスも出現している。

釣り

釣れるものはほとんどが放流された個体であり、大抵の場合遊漁券が必須であるため、釣り場近くの釣具屋で購入してから釣りに赴こう。遊漁料は来年以降の放流の資でもある。釣りたければルールを守ること!

釣り方は餌釣りルアーフィッシングフライフィッシングテンカラ釣りに大別される。季節や場所に合わせて、釣り方や仕掛けを選ぶとよい。
餌はミミズが一般的だが、他にブドウムシ、サシ、イクラ餌などが用いられる。特に餌は大抵のパターンでよく釣れるため、本命に選ばれることが多い。具体的にはカワゲラやトビケラなどの幼である。ただし餌は現地調達が基本であり、採れなかった場合に備えて何かしら餌は買って行くことをおすすめする。

虫餌の採り方

渓流域の浅場で、河原に浸かっている石をひっくり返すとササササッと走って隠れようとするがいる。彼らが餌であり、形態によってチョロヒラタ、オニチョロ、ピンチョロ、クロカなど様々な俗称がある。長野県で「ざざ」と呼ばれ賞味されているがそれである。

捕まえるには石を持ち上げて手で摘まんでもよいが、の細かい小さな網を石の下流側で構えて、石を水中でひっくり返すといっぱい採れる。サワガニゴリなども入ってくることがあるが、たまにデカい変なものが採れてビビることもある。カワムカデとか。

ちなみに網は渓流釣り専用のものを使うと、餌採りだけでなく大物をタモ入れしたり出来、持ち運びにも便利なのでひとつ持っておくとよい。また、餌を活かしたまま入れておく餌もあるとベター。

料理

の物は唐揚げや甘露煮などで賞味するが、それなりのサイズがあれば焼きで食べるのが定石。極めて美味なで、イワナアユ、ヒメマスなどと並び淡一の食味と称する人もいる。
寄生虫の心配がなければ刺身で食べることもできるが、普通生食は敬遠される。

なお、ヤマメのサケと違って透き通った色をしており、「クラ」と称して宮崎県などで販売されている。ただし産卵期のヤマメは禁漁期であり釣ってはならないため、クラの入手経路は養殖のヤマメに限られる。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP