今注目のニュース
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
テレビや雑誌でおなじみ、元祖「鮭キムチ」のくにをのキムチ新商品「くにをのキムチ 北海道産鮭キムチ」を発売
舞台『はじめの一歩』アニメ版声優・高木渉も出演 キャスト一挙公開

チョウゲンボウ単語

チョウゲンボウ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

チョウゲンボウとは、ハヤブサハヤブサ科の猛禽類である。馬糞鷹(まぐそだか)という別名(蔑称)もある。

概要

おおよそハトほどの大きさしかない小猛禽類。ユーラシア大陸アフリカ大陸などに生息し、日本でもその姿を見ることの出来る野鳥である。に岩河原などで見受けられ、人里で暮らして人間社会を利用する個体もいる。

チョウゲンボウという名の由来は判然としないが、一説として、こんな逸話がある。

昔、長元坊という不思議な坊主が、作に苦しむ村に現れ、村を見下ろせる崖の上に座り、飯も食わず数日間ずっと眺めていた。日に日に痩せていく長元坊だったが、ある時、村人の何人かが長元坊に村を救ってもらおうと供え物を持って行こうとして河原で亡くなった。
村人はその事件の悲しみに暮れながら、長元坊にそのことを話した。それを聞いた長元坊の体は大きく揺れ、やがてその体は崖底へと落ちてしまった。
翌年、村は豊作に恵まれ、村には飢饉から自分達を救ってくれた村人達と、長元坊の墓が建てられた。その後、作物の出来を確認するように停しながらを見下ろすタカが見られるようになった。
村人はいつしかそのタカのことがチョウゲンボウと呼ぶようになった、というもの。

その大きさに見合って獲物は小さく、ネズミなどの小動物昆虫コウモリカエル、果てはトカゲなども襲って食べる。
大昔になどがこのチョウゲンボウを狩に使うため飼育したものの、上記のようにろくな獲物を獲ってこなかったため、のように役に立たないという意味で馬糞鷹という不名誉な蔑称で呼ばれてしまっていた。上記の逸話とは正反対に酷い話である。

チョウゲンボウはハヤブサ仲間であるが、ハヤブサのように素く飛行することは得意ではない。その代わり中で制止して獲物をじっくり探すため、ホバリングという独自のを身につけている。鋭い視で獲物を見定めて獲物を狩る。その外線を見ることが可で、獲物の尿などを判別してその生息地を割り出すことが出来る。
ハチドリ仲間もホバリングを行うが、ハチドリが凄まじい数の羽ばたきで停するのに対し、チョウゲンボウは高に舞い上がって、を羽で受け止めることでに浮かんでいる。その姿は羽ばたきというよりグライダーに近く、の強さ次第で羽を動かし方を変えて浮いている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 03:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP