猛禽類単語

モウキンルイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

猛禽類(もうきんるい)は、鋭い口ばしとかぎをもち、他の動物捕食する大の総称。ワシ、トビタカコンドルハヤブサフクロウなどが代表的である。

概要

猛禽の「禽」は、「」を意味しており、「猛々しい」という意。
タカフクロウに属する鳥類のことを呼び、一般的に中の生活における生態系の頂点に位置する例が多い。
狩りをするためにその体を進化させたといわれ、よく見えると鋭いと口ばし、強く頑丈な脚を持っている。

猛禽類は中の生活の場では頂点に立つものの、他の大種のように広い縄りを持っていないため維持された生活が送れず、世界中の多くの地域で絶滅を危惧されている。
一部は人間界に順応し、都市狩りを行っている例もある。

ハヤブサ可愛い系の顔立ちであるが、ワシやタカなど基本的には雄々しく精悍なビジュアルをしており、雄々しさや強さを感じさせるため紋章や旗などのシンボルに採用されることも多い。アメリカ合衆国章にはハクトウワシが、ロシア連邦章には双頭の鷲が採用されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/11/15(金) 03:35:40 ID: ucwWliP709

    タカフクロウハヤブサDNA的に別系統の生き物だけど、狩りという共通の習性に合わせて
    収斂進化が進んだ結果鋭いくちばしやを持ったのはわかるけど
    メスの方が大コンドル等一部例外あり)になるって点まで共通してるのは何でなんだろうねえ

  • 2ななしのよっしん

    2021/01/31(日) 11:31:30 ID: exIF5zHg/g

    山が近くにない地で農作業しているけど、近年はトンビがよくやって来るようになった
    ネズミ等の獲物が少なくなったのか、コンバインで稲刈りする時に飛び出るイナゴ中で捕まえようとしている
    だけど嘴で捕まえるツバメなど)のような器用さはなく、不器用ながらも頑って小さ過ぎる獲物を捕まえようとするトンビ
    環境の変化、狩りの非効率化で生きづらくなったであろう彼らに哀愁を懐く今日この頃である

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP