ナンナ(ファイアーエムブレム)単語

ナンナ

2.5千文字の記事
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ナンナとは、ファイアーエムブレムシリーズキャラクターの一人である。

概要

CV.名塚佳織ファイアーエムブレムヒーローズ

ユグドラ大陸舞台にした作品に登場するキャラクタークラスはトルバドールパラディン

初登場は『聖戦の系譜』の第2部7章。レンスター軍の生き残りとしてリーフフィンと共に登場する。

トラキア776』ではリーフ主人公になったことに伴い、正ヒロインに昇格。OPで敵にさらわれる役柄や専用武器が与えられるなど待遇がよくなった。

聖戦の系譜のナンナ

ユニットとして

ヘズル傍系。ラケシスとして登場するが、ゲームシステムの関係で父親かはプレイヤーによって異なる。だが、父親になるにせよ、母親ラケシスマスターナイトというゲーム中でも屈の強ユニットになれるため、それとべると見劣りしてしまうかもしれない。
デルムッドの事を考えて戦士ユニット父親になると、回復量に関係する魔の上昇率も微妙になってしまうこともある。
クロード父親ならレベルがBに底上げされるが、スキルカリスマしかユニットになってしまう上デルムッド側のメリットが魔魔法防御の上昇しかないためオススメしない。
世代で専用会話があるデューも値切りとカリスマだけになってしまうため非推奨。

攻撃面では手さに欠けるが、騎兵回復が扱えるクラスが割り当てられているため、広いマップを駆け巡って歩兵回復ユニットの移動が間に合わない前線での回復を行えるなど、使える場所は多い。
また、スキルの『カリスマ』は周囲の味方ユニット支援を与える非常に便利なスキルであるため、敵と直接戦わずとも味方の近くにいるだけで役に立つ。
クラスチェンジ後はも)と回復が使えることを考えると、同じくカリスマ持ちであるがだけしか使えないデルムッドよりも選択肢が多いため、使い勝手はよいと考えられる。
がある程度あるので、余っていれば魔法もオススメ。

キャラクターとして

初登場した際に一緒にいたリーフとは幼いときから一緒に育てられたという幼馴染属性持ち。

また、同じく初登場の際に一緒にいたフィンとは子関係になっている場合は特殊会話が用意されている。フィンナンナ母親であるラケシス結婚させるというカップリング較的メジャーであり、子で戦う姿を見てニヤニヤする人も多いと思われる。

しかし、従兄弟であるアレス人同士になると、最終章にてナンナ父親キャラを愕然とさせる会話イベントが待っている。

トラキア776のナンナ

ユニットとして

聖戦の系譜』と変わらずトルバドールパラディンとして参戦しているので使い方もさほど変わらない。魔の成長率は微妙であるが、戦士の書で補正したりアイテムなどでカバーできる。スキルカリスマも相変わらず便利である。さらに主人公リーフや今作では父親と設定されているフィン支援効果があるため、彼らとの組み合わせで出撃されるとなお便利である。

専用の『大地の』は母親の形見で相手に与えたダメージ分だけ自分が回復するという特殊な武器であり、近接間接両方で使える便利な装備である。
スキル「怒り」を覚えさせると強地雷キャラとして活躍できる(通称怒りナンナ)。
また、専用武器ではないが、『炎の剣』を装備させたままを振らせると『炎の剣』の装備ボーナスである魔+5が回復量にプラスされ、低くなりがちな魔カバーできる。
一応『ブラギの』も装備できるが、あまりやる人はいないだろう。

以上、便利な専用武器があったりリーフとの支援があったりと一見恵まれているユニットだが、さほど高くない成長率の関係で器用貧乏になりやすいので、育成の際は戦士の書でサポートすること。
初期レベルEな上専門職ではないため意識して振らなければ武器レベルが上がりにくい点にも注意。
また、スキルカリスマのみでクラスチェンジしても増えないため、戦わせたい場合はMを使って追加した方がいいだろう。(削りや支援重視ならくても問題ないが)

キャラクターとして

オープニングで敵にさらわれる→主人公に救出される、主人公との相互支援など正ヒロインとしての役割が与えられている。

また、今作ではフィン父親という設定になっているが、子間でスキルが継承されるはずの世界父親の『祈り』スキルを継承していないことや、子の会話の違和感、終盤で登場するデルムッドが『ベオの』という『聖戦の系譜』の別ユニットの名前がついたを継承していることなどから、フィンナンナ、そして母親ラケシスの間柄にも様々な妄想憶測が飛び交っている。

今作では「かつぐ」システムが導入されたため、歩兵リーフを後ろに乗せてを走らせるナンナの姿も見る妄想することができる。ナンナから下りれば、リーフナンナお姫様抱っこする姿を見る妄想することもできる。

FETCGのナンナ

ラケシスであり、高いレベルが使えることが売り。
初期版ではカリスマスキルTCGでは削除されているため、一般兵に毛が生えたレベルユニットになってしまっているのが痛い。
レベルアップしてもクラスチェンジしても旨みに乏しく、独自要素といえばライブリライブを使いつつ再移動敵に飛び込めること位だった。

が、4弾のトラキア776版でセールスポイントを獲得。
初期装備の大地ので、相手に攻撃しつつコスト回復し、再移動で敵に飛び込めるようになったのである。
武器レベルや攻撃こそ戦版より落ちてしまったものの、初期装備で間接攻撃しつつ再移動出来るメリットは大きく、人気を獲得することに成功。
女性キャラなため祈りの(敵の攻撃をこの武器を代償にすることで一度だけ効に出来る装備)が装備できることも評価の向上に繋がり、女性メインデッキではがかかることも多かった。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2018/01/16(火) 13:43:09 ID: C7JeARADVQ

    と思ったがアゼルの魔は血統引いたらおおよそ凡人じゃないか

  • 21ななしのよっしん

    2020/05/28(木) 10:43:52 ID: /iuYH1rBag

    トラキアの後半でと守備がmax近くになり
    大地のを持ってワープで敵に単騎で飛ばして無双してたな

  • 22ななしのよっしん

    2021/07/08(木) 11:03:57 ID: 9YB8rDkdZp

    >>17

    正直魔よりも7章の会話での速さ+5の方が大きいけどな。相手の攻撃を避けやすくなる上に追撃が安定するしCC後はも使えるから普通に前線に放り込める。魔法や手と祈りで地雷戦術も出来なくはない。

    オマケ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/22(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/22(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP