今注目のニュース
「しゃべくり007」に声優の宮野真守が出演決定 「神回確定」「画面がうるさくなる」
猫が本気を出すと凄い10の事
恐怖を感じるとなぜ顔が青くなる? チコちゃんの解説に「人体ってすごい」と驚きの声相次ぐ

一人称単語

イチニンショウ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

一人称とは、発話あるいは文章の中で、話し手あるいは書き手に当たる者を区別する文法範疇である。

概要

最も知られているものでは「わたし」だろう。
発話や文章において、話し手や書き手が自分自身や自分自身を含む仲間す言葉。一人称複数では、話し相手を含む包括系と相手を含まない除外系がある言がある。

小説においては、小説の登場人物の一人の視点物語が進んでいく形式のものを、一人称小説という。

日本語において

日本語にも一人称という概念は適用しうるが、印欧語族のような一人称とは違い、明確に普通名詞との区別はできない。これは、近畿方言などにおいて「われ」が二人称として扱われるなどの人称の転換がたびたび行われることからも、明らかである。

日本語一人称は、上古においては「あ」と「わ」が見られた。このうち、「あ」は自分や私事に関しての用法が見えるが、「わ」はに関することが多く取り扱われており、これが、古代における一人称単数と複数の区別の名残ではないかと考えられている。ただし、「あ」は上古においても用例が少なく、平安時代には、ほぼ使われなくなったと思われる。
共通では、近世以後に一人称として普及した「わたくし」とそれから生した言葉が一般に用いられているが、「われ」の系統も方言などに残存している。複数形は語尾に「ら」をつけることが多い。
ちなみに、現代文法では連体詞である「わが」は、古文法においては一人称代名詞「わ」と格助詞「が」に分解できる。

日本では世界でも有数の数を誇る。そのため様々な一人称が見られる、漫画などがよい例だろう。
なぜ現代にこんなにたくさんの一人称があるかはだが、温故知新という言葉があるようにカルチャーなどを通じ昔のものが今に使われている、という事が深く関わっているのは言うまでもない。


    • あれ

  • おのれ
    • おれ
      • おい
    • おれら
      • おいら
        • おら
        • うら
    • おれっち
    • おい
      • おいどん

その他:うち、、自分、麻呂(麿)、朕、余()、予()、拙者、某、本官、小官、本職、ミー、拙者、愚僧、身共、小生、愚生、手前、こちとら、わらわ、輩等々

一人称一覧

ここでは様々な分野・方面で現在も使われている一人称を紹介する。

  1. あたし』と『アタシ』などカタカナのみの違いも表記する。
  2. 漢字平仮名については分別しない。
  3. 漢字一人称平仮名読みを付ける。

漢字>>ひらがな>>ひらがな(濁音)>>カタカナ

例:小生>>自分>>某

五十音順〕

  • あたい
  •  あたくし
    • アタクシ
  • あたし
    • アタシ
  • ちき
  • あっし
  • あーし
  • うち
    • ウチ
  • おいどん
  • おいら
  • 俺ら(おら)
    • オラ
  • (おれ)
    • オレ
  • おれっち
    • オレっち
  • 俺様(おれさま)
    • オレさま
  • 小生(しょうせい)
  • 自分(じぶん)
  • 某(それがし)
  • 当方(とうほう)
  • (ぼく)
  • ぼくちゃん
  • ぼくちん
  • 麻呂麿(まろ)
  • ミー
  • 余・予(よ)
  • (わ)
  • わい
  • 輩(わがはい)
  • 儂(わし)
    • ワシ
  • 私(わたくし
    • ワタクシ
  • 私め(わたくし- )
  • 私(わたし
    • ワタシ
  • わて
  • (わらわ)
  • (われ)
    • ワレ

※その他一人称があれば随時追記してください

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2017/10/16(月) 20:44:49 ID: k+yzm5fFoI

    同僚に自分自身のことを「こっち」、相手を「そっち」と呼ぶ男がいる。
    アニメにもそんなキャラが居た気がするけど思い出せない。

  • 13ななしのよっしん

    2017/10/21(土) 18:20:58 ID: k+yzm5fFoI

    >>12の答えがわかった。
    変態王子と笑わない猫。」の小豆だ。

  • 14ななしのよっしん

    2018/03/09(金) 23:30:05 ID: MecWSLee1V

    日本語にはこれだけ一人称があるのに
    老若男女人柄場面関係なく使える、表のどん中的な一人称が存在しないのがもどかしい
    っ先に思い付く「私」は女性なら何歳でもどんな性格でもいつ使っても違和感いが
    荒っぽい男性がくだけた場面で使ったりしたら明らか不自然だし
    「自分」とかだとこちらは逆に女性が口に出して言うイメージが薄い、そしてやはりフォーマルでは使えない

    何が言いたいかというと、
    汎用性抜群のどん中一人称日本語にあれば
    底して中性的あるいは性別不明なキャラクターがもっといたかもしれないな、と

急上昇ワード

最終更新:2019/05/20(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/20(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP