創造の座、オムナス単語

ソウゾウノザオムナス

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

創造の座、オムナスとは、マジック:ザ・ギャザリング2020年10月現在スタンダードで最速で禁止カード定されたカードである。

概要

カードの性は以下の通りである。

創造の座、オムナス/Omnath, Locus of Creation
(R)(G)(W)(U)
伝説クリーチャー - エレメンタル

創造の座、オムナスが戦場に出たとき、カードを1枚引く。
上陸 - 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、このターンで初めてこのが解決されるなら、あなたは4点のライフを得る。2度なら (R)(G)(W)(U)を加える。3度なら、創造の座、オムナスは各対戦相手とあなたがコントロールしていない各プレインズウォーカーに、それぞれ4点のダメージを与える。

4/4

Gathererexit

4色という唱えるのが難しい代わりに戦場に出さえすれば土地を出すたびにアドバンテージを得ていくことができる。通常、1ターンに1回しか上陸を誘発させることはできないが、フェッチランド活用すれば2度を誘発させることまでは簡単である。イリーシアの木立のドライアドのように追加の土地プレイを許容するカードがあれば3度の誘発も現実的になる。自然の怒りのタイタン、ウーロのように、EtBで手札から土地を出すことを許容するカードでもよい。

このカードは、ゼンディカー明けのカードとして作成された。これまでの4色カードは強さがあまりにも微妙だったが、このカードの強さは壊れすぎていた。他のカードとのシナジーも抜群で、4色オムナス(このカードベースにしたランプデッキ)というデッキが席巻し、自然の怒りのタイタン、ウーロがまず禁止指定exitされた。その後も4色オムベンチャー(出来事カードを軸にしたこのカードベースにしたデッキ)というデッキ環境を支配してしまう。その結果…

禁止指定

2020年10月12日、このカードを含む3枚がスタンダード禁止カード指定されたexit。直前の2020年シーズングランドファイナル(参加者32名)においてもスタンダードデッキで4色オムベンチャーデッキと4色オムナスデッキがそれぞれ19と4存在し、その他の(ラクドス)ミッドレンジ(4)、(グルール)アドベンチャー(3)、(ディミーア)ならず者(1)、(ティムール)アドベンチャー(1)デッキに対して圧倒的に数で上回っていた。また、ヒストリックにおいても13人が4色オムナスデッキを使い最大勢となっていた。これに伴い同日付でヒストリックにおいても一時停止定された。また、ブロールにおいても多くのプレイヤーが統率者として定しており、勝率も高かったため、禁止定された。

スタンダードでの禁止までの使用可日数はで17日、オンラインで24日であり、これまでの最短であった記憶の壺(発売から45日、使用可期間31日)よりも短い不名誉な記録を打ち立ててしまった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP