城島怒りのテーマ単語

ジョウジマイカリノテーマ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

城島怒りのテーマとは、元プロ野球選手シアトル・マリナーズ2番手捕手だった城島健司
怒った際に流れるテーマソングである。

起源

現地シアトルの日付で2006年5月19日シアトル・マリナーズインターリーグ(交流戦)で、サンディエゴ・パドレスとの3連戦の初戦をマリナーズの本拠地、セーフコ・フィールドで迎えていた。試合は、2回裏に城島本塁打で先制、3回裏にはホセ・ロペスリッチー・セクソン本塁打が飛び出し、4回裏が終わった時点で1-3とマリナーズリードしていた。

5回表、勝利投手の権利が懸かるマリナーズ先発投手ジャロッド・ウォッシュバーンは、ビニー・カスティーヤとジョシュバーフィールド読売ジャイアンツに所属したジェシーバーフィールド息子)に連打を浴び、ジョシュバード犠飛で1点を返される。さらにエリックヤング死球マイクキャメロン四球を与え、一死満塁ピンチを背負った。迎えるは3番打者のブライアン・ジャイルズ。カウント2ボール0ストライクとなった後の3球、ウォッシュバーンストライクを取りにいった投球をジャイルズは右方向に打ち上げた。右翼手イチローはそれを捕球するとすかさずバックホーム。三塁走者のバーフィールド犠飛による得点を狙い本塁突入を試みたが、イチロー送球バーフィールドが本塁に到達するより速く城島のミットに収まっていた。するとバーフィールドホームベースを狙わず、城島へのタックルを試みた。城島タックルを受け後方に一回転するが、ボールを離す事はかった。さらに城島は体を起こすと、バーフィールドのいる方向を睨みつけるような表情を見せた。のちに城島はこの時の心情について、「なんでこんなに痛いんだろう、と思った」とっている。

このプレーの後、中継ではリプレイが流されていたが、その時である。リプレイ映像バーフィールド本塁突入の間に差し掛かった時、どこからともなく熱いBGMが流れてきた。これが「城島怒りのテーマ」の起である。

なおマリナーズは敗れた勝った。

実際には

城島が怒ったゆえに流れた音楽ではアメリカ合衆国スポーツ専門チャンネルFOXがMLB中継の際、攻守交替時(CM入り前)に流す音楽MLB on Fox Themeのうちの一つ)である。

関連動画

城島は出てきていないが・・・

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/22(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/22(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP