シアトル・マリナーズ 単語

556件

シアトルマリナーズ

4.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シアトル・マリナーズSEA)とは、MLBアメリカンリーグア・リーグ)の西地区に所属している球団である。

概要

1969年アメリカンリーグの球団拡シアトルパイロッツが新設されたが、1年で財政難となりミルウォーキーに移転。ミルウォーキー・ブルワーズとなる。シアトルMLB機構を提訴したが、1977年の球団拡で球団を設置することで告訴を取り下げ、シアトル・マリナーズが誕生した。

任天堂山内社長が共同所有者の一人であったことで知られ、佐々木主浩長谷川滋利日本人選手を獲得。イチローの入団に際しては、山内自らが経営陣に対してイチローを獲得するように要求をしたとも言われているexit

1990年代にはランディ・ジョンソンや当時MLBスター選手であったケン・グリフィーJr.、後のスター選手であるアレックス・ロドリゲスA-ROD)を擁し、実人気を兼ね備えた球団として位置づけられていた。その後これらの選手が球団を離れて行ったが、イチローを獲得した2001年にはシーズン116勝でMLBタイ記録マークした。

しかし、このとき活躍したチームであった選手のうちジョンオルルドエドガーマルチネスブレットブーンらの年齢による衰えが見え始め、2004年から2020年に至るまで低迷を続けた。

近年の低迷の原因は、極端な投高打低にある。投手フェリックス・ヘルナンデスを中心にそれなりのレベルだが、毎年打撃面ではほとんどの部門でMLB30球団中のワースト1.2を争っており、酷い時にはスタメンで打率.250えるのがイチローだけ、ということもあった。
また、マリナーズで泣かず飛ばずだった選手が移籍した途端打ち出したり、逆にマリナーズに打てる選手を連れてきても全く打てなくなるという事例が多数あることから、貧打の原因を本拠地であるT-モバイル・パークめるが多い。

2021年は地区2位に入ったが、ポストシーズン進出の可性があった最終戦で敗れたことでポストシーズン出場はならなかった。

2022年も地区2位だったが、9月30日2001年以来21年ぶりのポストシーズン進出を決めた。ワイルドカードシリーズではトロント・ブルージェイズを2連勝で下したが、ディビジョンシリーズで地区1位ヒューストン・アストロズに3連敗を喫した。

なお、アメリカンリーグ所属球団ではワールドシリーズ出場経験がない。

大百科に記事のある関係者

更新2024年2月12日

首脳陣

  • --

所属選手

投手 捕手
  • --
内野手 外野手

大百科に記事のあるOB

太字は現役選手、()は在籍年、斜体は導者として在籍

ア行 カ行
サ行 タ行
ナ行 ハ行
  • --
マ行 ヤ行
  • --
ラ行 ワ行
  • --

年度別球団成績









シアトル・マリナーズ
1977年 ダレル・ジョンソン 西 6 64 98 .395
1978年 西 7 56 104 .350
1979年 西 6 67 95 .414
1980年 ダレル・ジョンソン
モーリー・ウィルス
西 7 59 103 .364
1981年 モーリー・ウィルス
レネ・ラッチマ
西 6 21 36 .368
西 5 23 29 .442
1982年 レネ・ラッチマ 西 4 76 86 .469
1983年 レネ・ラッチマ
デル・クランドール
西 7 60 102 .370
1984年 デル・クランドール
チャック・コッティア
西 5 74 88 .457
1985年 チャック・コッティア 西 6 74 88 .457
1986年 チャック・コッティア
マーティーマルチネス
ディック・ウィリアムズ
西 7 67 95 .414
1987年 ディック・ウィリアムズ 西 4 78 84 .481
1988年 ディック・ウィリアムズ
ジムスナイダー
西 7 68 93 .422
1989年 ジムラフィーバー 西 6 73 89 .451
1990年 西 5 77 85 .475
1991年 西 5 83 79 .512
1992年 ビルプラマー 西 7 64 98 .395
1993年 ルーピネ 西 4 82 80 .506
1994年 西 3 49 63 .438
1995年 西 1 79 66 .545
1996年 西 2 85 76 .528
1997年 西 1 90 72 .556
1998年 西 3 76 85 .472
1999年 西 3 79 83 .488
2000年 西 2 91 71 .562
2001年 西 1 116 46 .716
2002年 西 3 93 69 .574
2003年 ボブメルビン 西 2 93 69 .574
2004年 西 4 63 99 .389
2005年 マイク・ハーグローブ 西 4 69 93 .426
2006年 西 4 78 84 .481
2007年 マイク・ハーグローブ
ジョンマクラーレン
西 2 88 74 .543
2008年 ジョンマクラーレン
ジムリグルマン
西 4 61 101 .377
2009年 ドンワカマツ 西 3 85 77 .525
2010年 ドンワカマツ
レンブラウン
西 4 61 101 .377
2011年 エリック・ウェッジ 西 4 67 95 .414
2012年 西 4 75 87 .463
2013年 西 4 71 91 .438
2014年 ロイド・マクレンドン 西 3 87 75 .537
2015年 西 4 76 86 .469
2016年 スコットサーバイス 西 2 86 76 .531
2017年 西 3 78 84 .487
2018年 西 3 89 73 .549
2019年 西 5 68 94 .420
2020年 西 3 27 33 .450
2021年 西 2 89 73 .549
2022年 西 2 90 72 .556
2023年 西 3 88 74 .543
通算:47年 3514 3873 .476

順位

シーズン最高成績(チーム)

シーズン最低成績(チーム)

関連動画

商品検索

関連コミュニティ

関連項目

アメリカンリーグ
西地区 中地区 東地区
ロサンゼルス・エンゼルス シカゴ・ホワイトソックス ボルチモア・オリオールズ
オークランド・アスレチックス クリーブランド・ガーディアンズ ボストン・レッドソックス
シアトル・マリナーズ デトロイト・タイガース ニューヨーク・ヤンキース
テキサス・レンジャーズ カンザスシティ・ロイヤルズ タンパベイ・レイズ
ヒューストン・アストロズ ミネソタ・ツインズ トロント・ブルージェイズ
ナショナルリーグ
西地区 中地区 東地区
アリゾナ・ダイヤモンドバックス シカゴ・カブス アトランタ・ブレーブス
コロラド・ロッキーズ シンシナティ・レッズ マイアミ・マーリンズ
ロサンゼルス・ドジャース ミルウォーキー・ブルワーズ フィラデルフィア・フィリーズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ ピッツバーグ・パイレーツ ニューヨーク・メッツ
サンディエゴ・パドレス セントルイス・カージナルス ワシントン・ナショナルズ
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 08:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/23(火) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP