今注目のニュース
おばあさんが挑戦した最初で最後の「コスプレ」 切なさとやさしさが詰まった漫画に「こんな夫婦に憧れる」「泣いた」
80代老婆が暴走 遊んでいた子供たちにブチ切れたあげく警察とカーチェイスに
「あったかニャ」 こたつライフを楽しむ猫兄妹 ぬくぬくの姿が愛らしい

堀口貞満単語

ホリグチサダミツ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

堀口貞満1297~1338)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

堀口氏は新田氏の庶流、大館氏の庶子堀口貞氏に始まるである。堀口貞満は堀口貞義の息子であり、新田一門の挙兵の際にこれに合流し、新田義貞本隊が稲村ケ崎を担当したのに対し、彼らは巨福呂坂方面を担当し、執権守時を破るなどの活躍を見せた。

やがて建武政権になると堀口貞義は越前守護と武者所二番頭人に任じられ、堀口貞満も従五位下まで官位を高める。

彼の太平記における最大の出番は、建武政権から離反し九州から再起して1336年に入した、足利尊氏に対する後醍醐天皇の和の場面である。堀口貞満は新田義貞の功績を唱えて和に反対し、その言葉を受けて天皇尊良親王恒良親王新田義貞に預けて越前に送り出したといわれている(あくまでも物語の中ではあるが)。

彼も新田義貞とともにヶ崎に入場するが、落の際脱出に成功。美濃の根尾徳山に潜伏し、北畠顕家軍の上の際はこれに協した。

しかし1338年に越前にてついに討たれることとなった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP