北畠顕家単語

キタバタケアキイエ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

北畠顕家とは、南北朝時代貴族卿、武将である。

出生

文保二年(1318年)に北畠親房長男として生まれる。北畠村上源氏の支流である中院の傍流に当たり、中院の祖通方の子、北の北畠に移ったことに始まる。本家久我は精として、大臣や源氏長者の地位を占めた。北畠もその傍流として、歴代の当は権大納言にまで登る柄であった。顕、親房も顕が生まれるころには権中納言になっている。また、親房は後醍醐天皇の治世下で吉田定房・万里小路宣房とならんで「三房」として信任を得ており、和院別当、権大納言、奨学院別当の地位を得て、正中2年(1325年)1月には源氏長者となるなど権勢を誇った。

も自身の才覚と、の権勢の影で出世をし、3歳で叙爵、以後諸職を歴任し、元2年/正慶元年(1332年)に従三位参議・左近衛中将にまで到達する。数えの14歳にして参議は他に例がない。

陸奥の統治

3年/正慶2年(1333年)から建武の新政が始まると父親房も後醍醐天皇を補佐することとなる。顕も同年8月には従三位陸奥守に任ぜられ、義良親王(のちの後村上天皇)を奉じて陸奥多賀に入り州の経営を行った。翌年には北条氏の残党討伐で功を上げて、従二位に任ぜられる。建武二年(1335年)には、鎮守府将軍となる(但し、彼の位からは鎮守府将軍の相当する位が低く、後に鎮守府将軍と成っている)。

尊氏との戦い

同年11月朝廷は尊氏討伐の勅を発し、新田義貞将とする討伐軍を出したものの、足利尊氏はこれをやぶって、京都へ進撃した。このことを受け、北畠顕家も義良親王を奉じて京都す。

12月22日州諸将をめて、白河関を進発。翌年1月2日には、足利義詮桃井直常の軍勢を破り、鎌倉を占領。1月6日には遠江、12日に近江愛知に到着。翌13日に近江坂本新田義貞楠木正成らと合流して、後醍醐天皇に謁見している。同16日には尊氏軍を打ち破り、1月中に京都から尊氏軍を排除。翌5日には、大将軍号を受けて、京都を出撃。10日から11日にかけて再度の入を試みた尊氏、直義を打ち破って九州へと追い落とし、14日までに畿内から足利駆逐した。

この時、顕の率いた軍の進撃、すなわち白河関から遠江に至るおよそ600kmののりの16日間での進撃日本史上屈速度である。同じく強行軍として知られる後代の豊臣秀吉中国大返しと較しても、中国大返しは十日間で200kmと顕の軍の方が倍近く速い。

更に言うなら、豊臣秀吉の通った山陽は古くからが整備されており、姫路までのは自身の勢圏内の移動であった。一方で、顕が通ったの一部は、利根川などの大小の河川と湿地が入り交る関東を含み、更に下野武蔵相模、三河など途上に足利氏と関連が深い地域が多数存在する状況であった。それを、彼はその行軍速度を維持したまま京都に達し、疲労しているであろうその軍で二度も尊氏の軍を破っているのである。ちなみに、この時彼は十八である。おかしい。

再下向と再上洛

尊氏を九州に追いやった後、3月に権中納言に就任した顕足利氏との戦いのため州へと下り、5月に多賀へと一旦戻る。だが、この間に尊氏が捲土重来と九州より軍勢を上げており、の戦いで楠木正成死亡し、新田義貞は破られ、後醍醐天皇比叡山に動座していた。

この頃、顕府を霊山へと移し、東足利方と戦っていた。然し、12月後醍醐天皇から京都奪還の勅が出され、ついで延元2年/建武4年(1337年)1月には、から伊勢への援軍要請が出されており、これを受けて、8月には再度上を期して霊山を発つこととなる。

8月19日に、白河関を越え、12月には鎌倉を再占領し、翌年の延元三年/応元年(1338年) 1月2日鎌倉を進発して、1月21日に尾に到着した。尊氏方もこれを迎え打たんと諸将を集めたが、1月28日に顕はこれを美濃国青野原の戦いで打ち破ることに成功した。この戦いで美濃国守護の土岐頼遠が一時期行方不明となるなど尊氏方の損は絶大で、京都の尊氏は新手を再編成しなければならなかった。一方の顕方も長駆遠征の疲弊と、度重なる戦闘及び兵の減少により、攻勢限界に達しており、尊氏軍の新手を破る余はなく、上を諦めて伊勢へと転進することとなる。

最期

の減少から上を諦め伊勢賀へ転戦。だが2月には、北側は顕討伐の軍を発し、諸将は顕討伐に向けて伊勢へと進軍する。以後、伊勢大和で北突するも破られ、義良親王吉野へ送ると河内へと転進。ここでも、北しい戦いを繰り広げるが、敗れて和泉へ向かう。この間に、高師直が顕討伐の為和泉へ侵攻。顕軍は和泉で北方相手に奮戦していたものの、連戦による疲弊から体制を整えた師直軍の前に石の戦いで壊走した。顕はなおも戦ったが衆寡敵せず、5月22日に師直軍によって名和義高・南部師行らと共に打たれる。享年21

彼の死は、同年七月新田義貞の死と合わせて、南方が軍事的中核を失ったことを意味した。また、南方は、畿内における戦いは論、顕が統治していた州でも劣勢を余儀なくされる。一方で、顕討伐の功は北方としても非常に大きなものであり、これを為した高師直の幕府での発言が急速に高まった。この結果、政務を執行していた足利直義との間に閥争い、権闘争が顕在化。これがその後の観応の擾乱伏線となっていく。

逸話・その他

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 41ななしのよっしん

    2021/05/04(火) 05:32:32 ID: xyCMSzyXmW

    「どこの勢、どの武将だって略奪はしている」というが北畠顕家歴史書に「酷い略奪だった」と記録に残されるぐらいだからな

    他の武将とべて酷かったのは事実なんだろ

  • 42ななしのよっしん

    2021/05/06(木) 19:04:26 ID: gEh3xHNJPt

    >>41
    酷い略奪の話は歴史書じゃなくて「物語」の『太平記』だよ
    まあ現実問題として略奪なしにあのスピードで行軍するのは理そうだから
    太平記のこの部分に反対する歴史は少ないし、も実際に略奪があったとは思うけど
    記録として確定してるのか物語由来の推測にすぎないのかは信頼性に大きな違いがあるよ

  • 43ななしのよっしん

    2021/05/07(金) 14:09:33 ID: JHvjLzQ/UG

    一次史料やある程度信頼がおける二次史料じゃなくて、太平記のみが言及してるっていうのが割とミソなんだよね。
    太平記物語であるということそれ以前の問題として、太平記上だと顕周辺についての記述が義貞とかにべるとそもそも少なすぎる上に、結城宗広に対する評価とか、「夷」扱いしてわざわざ州の武士を蔑視してたりで編集者の思想が強く出過ぎてるから、単純に顕足跡を追う上では太平記が史料として使いづらい

    もちろん当時の慣習的にも顕軍が置かれた状況的にも略奪がかったってことはあり得ないからわざわざ否定する人は皆無だけど、逆にこういう事情があるからこの略奪を大きく取り上げる人もあまりいないっていう

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/16(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/16(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP