今注目のニュース
北日本や北陸は雪や雨 北海道は暴風雪に警戒
流行語大賞「流行ってない言葉」を選び続ける「世論誘導の思惑」
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた

宗良親王単語

ムネヨシシンノウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

宗良親王1311~1385)とは、後醍醐天皇の皇子である。

概要

尊良親王の同14歳で出し、護良親王とともに比叡延暦寺に入る。両親王の比叡山入りは後醍醐天皇による討幕のための策だったともいわれている。1330年には護良親王から台座の座を譲られており、元の乱のときは護良親王とともに後醍醐天皇と合流した。しかし敗戦後捕らえられた彼は讃岐へと流されている。

建武政権の成立後は台座に復帰し、後醍醐天皇比叡山入りを手助けしている。和後は後醍醐天皇の脱出後も閉先の山院にとどまるが、数か後に北畠親房を頼って伊勢に向かい吉野入りを果たす。

そして1338年、天皇の名で遠江に下向することとなり、北畠親房北畠顕信、義良親王後村上天皇)ら東北部隊とともに路に向かったが、東北部隊のほとんどが遭難して吉野に戻ったのに対し、彼は遠江に流れ着くことに成功。遠江守護の今川範国に襲撃されるが、井高顕、天野らの協でこれを出し井に入る。

以降は信濃北条時行と連携して幕府軍と戦ったが、やがて各個撃破され一度越後の寺泊まで逃れた後転戦し、1344年に信濃大河原を奪取。その後は信濃を拠点としたが南の衰退を受け、1374年に吉野の賀名生にたどり着いた。すでに長慶天皇の時代になっていた中、親王は『新葉和歌集』を編集し、南北朝の合一を見る前に亡くなった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP