念仏単語

ネンブツ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

念仏(ねんぶつ)とは、の姿や功徳を思い浮かべたり、またその名を口に出して呼ぶこと。

概要

念仏には、の理法を念ずる「法身念仏」、の姿や功徳を思い浮かべる「観念念仏」、の名を口に唱える「称名念仏」の、3つの意味がある。

一般的には〈南〉の名前を口に唱える「称名念仏」をすことが多い。
名前を唱えに帰依することを念仏とするのは浄土教の考え方で、唱えることで浄土へと導かれ救済されるという。
また、信仰心から見守られている安心感を得て、自分に自信を持つことができ、事がうまく運ぶともいわれる。

に念仏」ということわざは、念仏のありがたみはに聞かせてもわからないことから、何度人が意見や忠告をしても、全くを貸さない為効果がないことを意味している。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

    ほめられた記事

    最終更新:2023/06/04(日) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP