放火 単語

210件

ホウカ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

放火(ほうか)とは、つこと。特に建築物のような大きめの可燃物に火を放つこと。またそれを行う犯罪行為。

この記事では、犯罪行為としての放火について解説する。

概要

昔から火災的の放火は強盗殺人以上の犯罪とされ厳罰を科せられたことも多かった。江戸時代においては、長屋の端に火を付けるだけでも沢山の人間が死ぬ大火事になるため。
建物の放火は、人命や財産が脅かされる点については現代でもそれは変わらず、火災発生原因の筆頭に登っている。

放火の考察

犯罪行為としての放火は、様々な理由により行われる。

  1. 拠隠滅
  2. 火災保険詐欺
  3. 火事泥棒
  4. 燃え上がる炎を見て楽しむ・周りの反応を楽しむため
  5. etc

拠隠滅的の放火は、犯罪拠を建物ごと燃やそうと試みることである。どういった犯罪かで燃やしたい対も異なる。殺人事件の場合は死体ごと建物を燃やし、死因などを分かりにくくさせる働きもある。2009年には政治家事務所火災に見まわれ重要な書類ごと建物が燃えてしまうといったことも存在した。

火災保険をせしめるための放火も存在する。こちらは火災保険的の故意によるものだと発覚した場合は支払われない。ただし、受取り手と関係の第三者による放火の場合は保険は支払われる。

火事泥棒による放火も存在する。昔から存在するが近年2011年11月23日にも病院に勤務する派遣社員が、自身の働く病院に火をつけ騒ぎになっている間に庫からお金を盗むという事件が発生した。

放火をすることにより、大きな炎を見て楽しむ、周囲が大騒ぎしているのを見て楽しむという人間も存在する。「燃え上がる火を見るとスカッとする(気分が満たされる)」という考えを持つ放火魔もいるため、人が死ぬ(物や財産が焼失する)事を知った上で放火に手を染める者すら存在する。
民家ならともかく、これが集団住宅や商業用ビルなどで行われたとなればそれはもはや差別殺戮と大差なく、「ちょっとムシャクシャして」やった事が取り返しの付かない大犯罪となる事もある。日本では現代でもこういった放火の報道が絶えない。(例:ドンキホーテ女性放火魔(2004年)、くまぇり2006年)、etc...)

また放火のつもりはくとも、燃えやすい物が近くにある状態でタバコ花火を扱うと火災の原因になる事がある。
ポイ捨てしただけのつもりが、放火未遂の現行犯で捕まらないように気をつけよう。

悪質な建物の放火は強盗殺人以上の大罪になる恐れがある。特に現住建造物等放火罪が適用された場合死者がいなくても死刑になる可性がある。
焼失した人命や財産は二度と戻らないので、当記事をご覧の方も放火の現場を見たら絶対にやめさせよう。

関連動画

関連商品

関連項目

放火事件

派生・パロディ

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP