毛皮を着たヴィーナス単語

ケガワヲキタヴィーナス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『毛皮を着たヴィーナス』とは、ザッヘルマゾッホの小説である。原題は『Venus im Pelz』。

今日で言うSMNTRなどの要素がたっぷり詰まっており、文章から非常に独特のエロティックな雰囲気を感じるが、「で、具体的にこの小説のどこがエロいのよ?」と問われると、どこも全然エロくない。実に不思議小説である。なので、エロに期待して読んだらガッカリすること請け合いである。

概要

物語

主人公であるゼヴェリーン・クジエムスキーが、ワンダという未亡人に落ち、奴隷契約を交わし、ワンダギリシャ男に寝取られてその関係が破綻するまでを描いている。

物語に登場した当初のワンダは決してSではなかった。むしろ献身的で情深い女性だったと言える。だが彼女は、マゾヒストであるゼヴェリーン教育によって、毛皮を着て彼を打つ拷問者となる。そしてゼヴェリーン奴隷とする契約を交わしてからは、ゼヴェリーン打つ事に戸惑いを感じなくなり、更にはギリシャ男と密通しながらゼヴェリーン愛しているとをつき、最後はワンダで打たれることを期待するゼヴェリーン縛りギリシャ男にで打たせ、そのまま放置して二度と帰ってこなかった。

モデル

本作はマゾッホ自身の経験を元に描かれている。マゾッホはこの小説を書く前とこの小説を書いた後に、ゼヴェリーンと同じように人・妻を拷問者に教育し、自分を奴隷とする契約を交わし、第三の男(間男)の登場によって関係が破綻するという経験をしている。

関連商品

世の中は広いもので、マジメにマゾッホとその著作について批評・研究をしている人もいる。興味があれば参照すると良いだろう。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP