無人駅 単語

123件

ムジンエキ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

無人駅とは、駅員が配置されていない鉄道である。

曖昧さ回避

概要

駅員がいないである。

出札、改札、集札はそもそもないか、内で行う、近くの民家や商店に委託するなどしている。(もしくはインターホン等で遠隔で精算するやつもある。)

改札に切符回収などが置かれており、外へ出る人はそのに所持している切符を置く。利用者の倫理で成り立っているため、倫理観の低い利用者には賃乗・不正乗(どこかのからの初乗りで下)される場合もある。(JR九州ではあまりの不正乗の多さにブチギレて小倉駅での初乗り切符を券売機で買えなくした)

は通常、人(駅員等)がいて当たり前のため、無人駅は自然と不安感や違和感を駆り立てる。そのため、都市伝説ホラー映画などの題材としてしばしば無人駅が登場する。

路面電車電停は基本的に駅員を配置しないのでこの括りには入らないことが多い。

近年は人手不足や経費削減の為無人駅や人の時間帯のあるが増加しつつある。

無人駅ができる経緯

  1. 元々余り集客が見込めず、開業時から無人駅。例:吹越駅
  2. 周辺の集落の過疎化。例:松草駅
  3. 鉄道会社の経費削減策。例:大師前駅
  4. その他。例:海芝浦駅

関連動画

関連静画

無人駅

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 23:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP