今注目のニュース
医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる
『デート・ア・ライブ』M字開脚姿で挑発するランジェリー姿の時崎狂三がフィギュア化!ガーターベルトはキャストオフ可能!
「家族との対話が多い」都道府県ランキング!男性2位長崎、女性2位鹿児島、1位は?

空白の6年間の真実単語

クウハクノロクネンカンノシンジツ

掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

空白の6年間の真実とは、赤木しげるが13歳から19歳までの間に経験した出来事である。

 

概要

市川との死闘の後、アカギは以後6年間の間裏社会から姿を消すことになるが、その間の彼は一体どのような人生を送っていたのかは未だに明かされていない。

一応、アカギが「(3以下の確率を当てれる程の直感がなければ)とても生き残れなかった」とっているため、この間も数々の修羅場を潜り抜けてきたことだけは確かなようだが、あくまでも憶測に過ぎないため、やはり明確に断言できる記録や資料は残されていない。

 

……というのも、つい先日までの話。

2009年6月中旬頃、市川戦後戦前と思われるアカギの私生活を記録した数多くの映像記録が日本の某有名動画サイト投稿されていたことが発覚したことをきっかけに、この空白の期間に起きた出来事が徐々に明らかになってきている。

なお、上記の映像資料には、アカギペットとして飼い始めたカッパのしつけに悪戦苦闘している姿や、高校生活をエンジョイしている姿など、一般的に定着しているアカギイメージ像からはまず想像できないようなも数多く記録されている。

しかもいくつかの記録を見ると、アカギ麻雀を知らなかったり、壮年になってから戦った東西戦のメンバーを知っていたり、アカギ死亡日以後に撮影されたことが確実な動画が確認されている。以上の点から、アカギが時の狭間に落ち、さまざまな時代に出現していた可性も議論されている。間接的な拠として、アカギは常に台風に覆われて登場する点が摘されている。

 

いずれにしてもこれらの記録は、赤木しげるという人間のより正確な人物像を明らかにするための重な資料となりうることは間違いないであろう。

 

民明書房

域の男 -その隠された真実-』より抜(一部変)

 

関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP