今注目のニュース
あおり運転する彼に「やめなよ」と止めたら…反応にゾッとした
かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘
“スーパーマン(ブラックスーツ版)”の1m超の高級フィギュア(約25万円)が登場! ヘンリー・カヴィルそっくりのクオリティー

聖母たちのララバイ単語

マドンナタチノララバイ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖母たちのララバイ(マドンナたちのララバイ)とは、歌手岩崎宏美1982年リリースした曲である。

概要

作詞山川啓介・作曲:木敏之。11枚アルバム夕暮れから…ひとり」のラストに収録。ちなみにまだLPレコードの時代である。『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ)の初代エンディングテーマで、オリコンチャート1位を獲得。累計130万枚を売り上げる大ヒットとなった。

元々は全に『火サス』のエンディングテーマにのみ使用する的で1コーラス分のみ制作されレコード発売するつもりは一切かったものの、番組開始当初より視聴者からこの曲に関する問い合わせが相次いだ。そこでこの1コーラスのみの初期バージョンカセットテープに録音したものを視聴者200名にプレゼントする企画を番組で行ったところ35万通というとんでもない数の応募ハガキが寄せられ、これに対応する形で岩崎宏美が当時所属していたビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)がめてフルコーラスバーションを制作レコード発売にまでこぎつけたという有名なエピソードがある。

火曜サスペンス劇場』は日本テレビの2時間ドラマとして1981年から約25年に渡って放送され、人気歌手による主題歌も数多くあるが、”火サス”といえばこの曲なのである。事件がからんだ重たい内容のドラマに、岩崎宏美が情感を込めて歌う「聖母たちのララバイ」はピッタリであった。ところがヒットしたSF映画ファイナルカウントダウン』の劇中曲と酷似している、との摘を受け、木敏之が盗作を認めたことから作曲ジョンスコットの名前もクレジットされることになった。歌手にとっては大変迷惑な話であるが、いい曲であることに変わりはない。
この騒動が影し、1982年に行われた第13回日本歌謡大賞の大賞を受賞したものの、外曲のカバーを除外するという不文がある日本レコード大賞にはノミネートすらされないという事態となった。

オーデション番組をきっかけに高校生デビューした岩崎宏美は、その圧倒的な歌唱で数々のヒット曲を放ってきたが、どちらかといえば明るい曲よりもしっとりとしたバラードが似合う歌手である。”戦場”や”戦士”などの言葉が登場する歌詞を渡された時はどう歌えばいいのか悩んだそうだが、この曲をきっかけに彼女人気は若者だけではなく大人たちにも広がった。「聖母たちのララバイ」はリリースから35年以上たった今でも岩崎宏美の代表曲のひとつなのだ。

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP