今注目のニュース
ぴょんぴょんぴょーん カラスの意外な一人遊びが目撃され「かわいい」「もっと好きになった」と話題に
ZOZO前澤社長の「月旅行キャンセル報道」、問題視された記事タイトル変わる 本人が東スポに訂正依頼
従業員ロッカーに火をつけた21歳女 その動機に「理解できない…」と衝撃

越佐大橋単語

エツサオオハシ

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

越佐大橋シリーズ』(えつさおおはし)は電撃文庫から出版されているライトノベル作者成田良悟イラストヤスダスズヒト

既刊5巻(本編4巻+外伝1巻)。なお、本編は一旦シリーズを終了しており、作者は執筆意欲が湧けば続編を書く可性があるとしている。期待。

概要

あらすじ

佐渡新潟の間に架けられた「越佐大橋」。その中央に巨大な人工があった。不況によって長らく放置されたそのは、日本常識が通用しない無法地帯と化していた。

そのをある日二人の男が訪れる。気弱で大人しい少年狗木と、指名手配隼人のそれぞれ反対側から、互いに人の死を引き連れ現れた二人。そして彼らはこの隔絶された無法地帯で全く違うを歩み始める。だがその姿は、に映る己を吼えるのようでもあった。

そしてこのにはもう一人のがいた。かつては警察官でありながら、このの自警団で番犬をしている男葛原宗。彼らを始めとする変人、狂人達だらけのこので、各々が様々な思惑を持ち絡みあう果てに起こる事件とは―――


以上が1巻のあらすじであり、4巻までで「葛原宗三部作」(3、4巻は上下巻構成)と銘打たれている。因みに三部作の主人公である葛原宗は、2巻には登場しない。

成田作品のお約束として『バッカーノ!』『デュラララ!!』『ヴぁんぷ!』とリンクしており、時系列では最も後の話となる(2020年頃)。

登場人物

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/22(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/22(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP