1+1=2単語

イチタスイチハニ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

を倒したぐらいでいい気になるなよ・・・」

概要

1+1=2とは、人が算数を習う中でおそらく一番初めに出会う数式である。二進数では1+1=10。
非常にシンプルで当たり前の事柄のように思えるが、数学で厳密に明(定義)するのは難しいらしい。

一方で、数学の基礎的な部分を全に形式的に展開することをしたアルフレッドノースホワイトヘッドバートランド・ラッセルによるプリンキピア・マテマティカではこの数式の実質的な明に至るまでの記号論理学的な準備に360項あまりが費やされており、実際に十進法の演算が定義されて「1 + 1 = 2」が述べられるのは第三巻まで待たねばならない。

Wikipedia「1+1」よりexit

1+1の他の解釈

以下は日常生活の文脈の中でしばしば見られる本来の数式の意味から離れた用法である。

ひっかけ問題

  • 1+1=11

    「+」を数学における加算記号ではなく単純に並べることを意味すると解釈した場合。

  • 1+1=田んぼの田

    1という数字を第一画及び、第二画の後半。+を、第三画と、第四画。=を第二画の前半と、第五画で使う事により、田という漢字ができる。もが小学生時代に通ったであろう。1+1=田
    “田”のほかに、“由”、“甲”、“申”、“古”などもある意味この答えとなるかもしれない。
    類題に「1-1=日または」というのもある。
    また、英語の場合「window()」になる。

数式の形を借りた慣用表現

  • 1+1=1

    これは、1つのものと1つのものが融合して、ある1つのものとなることを示している答えである。
    例えば、
    「1個の粘土と1個の粘土を混ぜ合わせたら、1個の粘土である。」
    「1つの精子と1つの卵子で、受精は1つできる。」

    ちなみに、後者の例では往々にして1+1=3という別解も存在する。

    また、これは、例えば「ある作業を二人の人間が協して取り掛かって完成した」という意味でもある。

  • 1+1=2よりも大きい

    これは、例えば「ある作業を二人の人間が個別にそれぞれこなす場合とべ、協して取り掛かった場合は相乗効果で単純な2倍以上の効果が表れる」といった意味。

  • 1+1=0以下

    これは、例えば「ある作業を二人の人間が個別にそれぞれこなす場合とべ、お互いの足を引っり合って取り掛かった場合は相殺されて一切効果がない、またはもとより悪化する」といった意味。
    この場合は、「1-1=0」としてもいいかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 109ななしのよっしん

    2019/06/03(月) 17:09:16 ID: eT8yARR4Rj

    +をその前後の記号や数字を組み合わせるとすると
    (1)+(+)+(1)+(=)=田
    って考えてたけどいいのかな?

  • 110ななしのよっしん

    2020/02/06(木) 02:32:06 ID: lQYrj6LycK

    1+1が2にならないトロピカル代数というものがアツいらしい

  • 111ななしのよっしん

    2020/04/18(土) 13:15:49 ID: E5duWHsxkP

    フルーツみたいでおいしそうな代数

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/29(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/29(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP