単語

タマゴ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、以下のことを表す。

卵の進化の歴史

元々、生物から誕生し、の中で生きてきた。やがて陸地に生活の糧をめた彼らだったが、元々棲だった生物の卵は、たとえばカエルの卵のように周囲に分を必要とするものが多かった。
そのため、せっかく陸地で生活していても、産卵時は辺に戻り、水の中に卵を産み落として生育させる他なかった。

そこで陸上でも子供を産み落とせるよう編み出した秘策こそが、卵を燥した固い殻にすることだった。これならば分がなく燥していても、子供は産まれることができる。卵にも歴史があるのである。

恐竜が繁栄できた理由の一つに、こうした頑丈な卵を産み落とすようになったからだ、という説がある。こうして陸上覇者となった恐竜は、絶滅の時まで君臨し続けることができたのだ。

漢字として

Unicode
U+5375
JIS X 0213
1-45-81
部首
画数
7画
音読み(常用)
ラン
訓読み(常用)
たまご
𠨫
Unicode
U+20A2B
部首
画数
26画
𤓲
Unicode
U+244F2
部首
画数
7画
意味
  1. たまごたまご形のもの、丸形のもの、きんたま、大きい
  2. (鯤と通じて)
説文解字・巻十三〕に「そ物、することき者、卵生なり」とある。
字形
卵の形。
音訓
音読みは1.の場合、ラン(音、音)、2.の場合、コン(音)。訓読みは、たまご
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
卵は〔説文〕、〔玉篇〕で部首である。〔説文〕はほかに毈が属する。
卵育・卵卵子・卵色・卵生・卵巣・卵胎・卵・卵・卵

異体字

  • 𠨫は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𤓲は、異体字。〔字彙〕に「音、卵。することき者、𤓲生なり。典に見ゆ」とあり、〔康煕字典〕に「〔字彙〕に音義卵に同じ。まさにち卵字の譌なるべし」とある。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2019/07/02(火) 18:26:56 ID: krt0Wl/iCW

    許して

  • 7ななしのよっしん

    2020/02/21(金) 07:39:15 ID: XgEz2vusAU

    >>2

  • 8ななしのよっしん

    2020/05/03(日) 18:12:14 ID: 1hhRLaRihA

    関連項目シリーズ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/22(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/22(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP