翻訳単語

ホンヤク

1.2千文字の記事
掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

HONYAKU:to change written or spoken words into another language.   

翻訳:書き言葉、および話し言葉を別の言に置き換えること。 byGoogle翻訳

概要

か、上の文章が理解出来ないので翻訳してくれないか?

翻訳とは、ある表現(A)を別の表現(B)に翻案にすることである。
翻案された表現(B)は、(A)とは表現は異なるが、言いたい内容はほぼ同じである。

概要2

か、上の文章日本語おかしくて分かりづらいんで、翻訳してくれないか?

一般的には、言の翻案をしており、異なる言に翻案すると言う意味が強い。だが、言が分かってても分かりづらい文章の場合も「か翻訳してあげて」と言いたくなることもある。読み手に配慮した文を書く努を怠ってはならない。下の項では、もうちょっと分かりやすく説明してある。

特に他言日本語に翻訳する場合は、和訳と呼ぶ。

翻訳と翻案

翻訳とは、ある言の文章を他の言に変換することである。
以下、日本語におけるケースを記す。

しかしながら小説などを翻訳する場合、単純に直訳しただけでは日本語として不自然になってしまったり、読み手に書き手の意図が理解できないケースがある。そこで、外国人である読み手にも分かりやすくするためあえて表現を変えることがある。

例えば、明治時代に「フランダースの犬」が日本に輸入された際、翻訳ネロを「清」(きよし)、パトラッシュは斑(ぶち)、アロアは子(あやこ)と訳された。これは外国語の固有名詞が日本人に受容しにくいことが原因であった。

逆に、日本語の作品を外国語に訳する際に、外国人に分かりやすくる為に手を加えられたこともある。その例として、太宰治小説斜陽」の中で、足袋を履いている医者が描かれているシーンが言い換えられたことが挙げられる・翻訳したドナルドキーンは、その足袋手袋と訳したのである。当時、医者は威厳を出すために足袋と羽織の正装をしていた。しかし、西洋では正装をするときは手袋をはめるので、「足袋」では「いかにも正装している」という雰囲気を伝えられない。そこで、キーンは、その医者まった姿を西洋の人間にも理解してもらうために「手袋」と訳したのである。

こうした予備知識や文化的な違いを考慮し、外読み手に書き手の意図を理解させ、かつ自然外国語に訳する必要が翻訳にはめられる。

翻案とは、特に小説・戯曲などを、原作の筋や内容をもとに作することをす。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/27(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/27(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP