今注目のニュース
“24時間戦えますか?”に柴田阿弥驚愕「炎上!炎上!」
『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で月額定額制サービス「ポケ森 友の会」が今月スタート。特定のどうぶつサポートや倉庫が利用可能に
いま学校現場で起きている問題がヤバい「教師を盗撮してSNSに投稿する生徒」「外国人観光客にインタビューしすぎてクレーム」

Core i5単語

コアアイファイブ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Core i5とは、intel社のCPUブランドであり、同じ世代のブランドであるCore i3よりも上位でCore i7よりも下位の位置づけにあたる。

概要

Core i5はCore2 DuoCore2 Quadの後継にあたり、64bit32bitx86が実行可である。

2011年1月現在、Core i5はNehalem世代と、その後継のSandy Bridge世代の二つのアーキテクチャが発表されており、記事ではそれぞれの世代について述べていく。

Nehalem世代

Nehalem世代でのCore i5は、2009年9月700番台の製品(コードネームLynnfield)が販売され、その後2010年1月600番台の製品(コードネームClarkdale)が販売された。

700番台600番台のそれぞれの番では、CPUソケットはLGA1156でTurbo Boost(可変クロック、以下TB)が実装されているという共通点がある。その一方で、Core i5の番ごとに実装されている機の違いも存在している他に、最上CPUであるCore i7よりもTurbo Boost機クロック増加率も低く設定されているという特徴がある。

番の違いについて詳しく触れると、Core i5の700番台600番台とではGPUの内蔵や物理コアの数、またHyper-Threading Technology(以下、HTT)の有や他の拡VT-d,AESなど)の有などの違いが存在する。

デスクトップ向けPCCPU番ごとの機の違いは以下の表の通り。(参考までにCore i7Core i3も記載)

開発コードネーム CPUソケット 物理コア
(スレッド数)
HTT TB GPU内蔵 その他拡(※1)
VT-x VT-d TXT AES
i7 900番台 Bloomfield LGA1366 4(8) × × × ×
Gulftown LGA1366 6(12) × × ×
i7 800番台 Lynnfield LGA1156 4(8) ×
(※2)

(※2)
×
i5 700番台 Lynnfield LGA1156 4(4) × × × ×
i5 600番台 Clarkdale LGA1156 2(4)
(※3)

(※3)
i3 500番台 Clarkdale LGA1156 2(4) × × × × ×

※1:拡についてのな説明は以下の通り。(AES以外は仮想マシン支援と考えても差し支えない。)

※2:例外として、Core i7-875Kのみ拡の使用不可
※3:Core i5-661とCore i5-655Kは拡の使用不可

Sandy Bridge世代

Sandy Bridge世代のCore i5は2011年1月5日にその概要が発表され、1月9日に販売が解禁された。(2011年第4四半期(10~12月)から、Core i7 900の後継CPU用のLGA2011ソケット用のCPUの販売が解禁される予定で、11月14日Core i7 3900番台CPUの販売が解禁された。)

Sandy Bridge世代では番による違いもどなくなり、全てのCPUGPU実装され、物理コアGPUとが一つのレイアウトへ統合されることとなった。(Nehalem世代では物理コアGPU分割されて搭載されていた。余談になるが、LGA2011ソケット用のCPUにはGPU実装はない。)

また、CPU上の物理コア数も一部の例外を除き4つへ統一されることとなったが、その代わりにHTTくなることとなったことでスレッド数も4つのままとなっている。また、CPUソケットもNehalem世代のLGA1156から新たにLGA1155へ変更となった。

デスクトップ向けCPU番ごとの大まかな機の違いは以下の表の通り。(ここでも参考の為に、Core i7Core i3のも記載。)

開発コードネーム CPUソケット 物理コア
(スレッド数)
HTT TB GPU内蔵 その他拡
VT-x VT-d TXT AES
i7 3900番台 Sandy Bridge-E LGA2011 6(12) × ×
i7 3800番台 Sandy Bridge-E LGA2011 4(8) × ×
i7 2700番台
(※5)
Sandy Bridge LGA1155 4(8) HD3000 × ×
i7 2600番台 Sandy Bridge LGA1155 4(8) HD2000
(※4)

(※3)

(※3)
i5 2500番台 Sandy Bridge LGA1155 4(4) × HD2000
(※4)

(※3)

(※3)
i5 2400番台 Sandy Bridge LGA1155 4(4) × HD2000
i5 2300番台 Sandy Bridge LGA1155 4(4)
(※1)
×
(※1)
HD2000 ×
(※2)
×
(※2)
i3 2100番台 Sandy Bridge LGA1155 2(4) × HD2000 × × ×

※1:例外として、物理コア数が2つでHTTによりスレッド数が4つのCore i5-2390Tが存在
※2:例外として、Core i5-2390TはVT-dとTXTを使用可
※3:オーバークロック向けの製品(例:Core i5 2500K、Core i7 2600K)は使用不可
※4:オーバークロック向けの製品にはHD3000を内蔵
※5:オーバークロック向けの製品である2700Kのみ存在

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2016/12/25(日) 23:00:38 ID: Ex//Ph9XAY

    初めて自作するのに、CPU何にするかいろいろ検討してみたんだがi5コスパ最強ではないんだなと実感した
    6600は遅すぎるし6600kはi7と大して値段変わらんしSkylakeのi5ってに需要があるんだと思った

  • 15ななしのよっしん

    2017/01/07(土) 10:27:10 ID: h49FN5QHcM

    初めて手にしたデスクトップi5だったから喜んでたら、実はデュアルコアとわかった時はかなり落胆したなあ…
    600番台ゴミだった

  • 16ななしのよっしん

    2019/02/03(日) 16:16:33 ID: 9bJCuBe0zU

    いまや6コア。ほんまAMDさんのおかげやで

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP